雛祭り

おはようございます。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュの中村恭子です。
今朝の蓼科は夜半から降り出した雪で、真っ白な朝を迎えています。

さて、早いもので2月も残りわずかとなりました。
もうすぐ雛祭りですね
3月3日は五節句の一つに数えられ上巳の節句とも言われ昔から祝われてきました。

その際に欠かせないものが菱餅☆

赤は桃の花を、白は残雪を、緑は芽吹く新芽を表し、色付けにはそれぞれ山梔子(くちなし)の実、菱の実、ヨモギを使用していました。
でも、この菱餅・・・単にキレイなお餅を作るために植物性の色素を使用していたわけではありません。
実は、山梔子の実には解毒効果があり、菱の実は血圧を低下させる効果が、ヨモギには造血効果があるのです。
昔の人々の智慧には驚かされますね。

節句事はお祝い行事であるとともに、健康を見直す、そして体を整える節目の時期だったのかもしれません。

現代に生きる私たちも、日常の中にそのような節目を作ることが健康を維持する秘訣かもしれませんよ。

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体作りのために(^^)

3月お教室のご案内☆

こんにちは。
クシマクロビオティックス・コンシェルジュの中村恭子です。

さて、ようやく来月のお教室メニューが決まりました(・∀・)

☆お料理教室☆

【開催日】原則として毎週 月曜日と火曜日10時より2時間から3時間程度(制作、試食、片づけ含む)
【メニュー】
❤春のお弁当❤
ベジエッグとベジそぼろの2色ご飯
雑穀と長芋で作るベジタリアンミートボール
お豆腐マヨネーズで作るポテトサラダ
【費用】4000円

2色ごはん2

陽射しがだんだんと暖かくなってくる春♪
お出かけにぴったりのお弁当メニューを作ります。
お豆腐を卵に見立てたベジエッグに、お肉を使わずに甘辛のそぼろを作ります。
ミートボールは、まるでひき肉を使ったかのような食感ですが、何と雑穀のタカキビを使用。
また、お豆腐マヨネーズの作り方をマスターして、ポテトサラダを作ります。
いずれも、植物性だけの材料で作ったとは思えないほど、大満足の味わいですよ(^^)

☆スイーツ教室☆

【開催日】原則として毎週 木曜日と金曜日 午前の部:10時より 午後の部:14時より
【メニュー】
❤豆乳クレームブリュレ❤
【費用】3000円

クレームブリュレ2

卵、牛乳、生クリームを使用しないでプリン生地を作り、甜菜糖をカラメルにして焼き上げます。
と~ってもクリーミィで美味しいスイーツです!
作り方はとても簡単なので、初心者の方にもお勧めです♪
いずれのレッスンにも、エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用のタッパーまたは袋などお持ちくださいませ。

お申し込みはお電話またはホームページコンタクトのページより

お待ちしております☆

 

自分のタイプを知りましょう

おはようございます。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュの中村恭子です。

今日の朝、蓼科では放射冷却の影響で、とても寒い朝を迎えました。
今年は本当に寒い日が多いですね。
それでも、朝は小鳥たちのかわいいさえずりが、すぐ近くの春を感じさせてくれます(^^)

さて、みなさんは、スーパーで食材を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

価格?
品質?
それとも、その日のメニューの材料?
体にいいとされている製品、あれこれ?

いずれも大切な選択基準となることばかりですが、一番大切なこと・・・
それは、「自分が(家族)が必要としているものかどうか」ということです。

まずは、自分の(家族)の体質を知ることが大事です。

「暑がり」なのか「冷え性」なのか、
「むくみやすい」のか「こりやすい」のか、
「乾燥肌」なのか「脂性」なのか、などなど。
タイプによって、選ぶ食材は変わってきます。

自分の体質、またはその日の体調によって、選ぶ食材を変えてみる、
そうすることで無理なく体に必要な栄養素を摂りいれることができますよ。

ご参考までに、
暑がりのの方は、クールダウンできる食材を。野菜であれば地上に育つものを
逆に冷え性の方は、根菜類を中心に
むくみやすい方は乾物料理(切り干し大根や高野豆腐など)を、
乾燥肌の方は、焼いた粉製品(パン・クッキー)を控え、炊いたお米などを主食に
こりやすい方、脂性の方は、動物性食品を控える、などなど

また、暮らす土地に近い場所でとれたもの(地産地消)で、
旬の素材の中から選ぶということも選択肢にプラスしてくださいね!

週に一度はベジタリアンライフを~
美味しく、楽しく、そして快適なからだ作りのために(^^)

雑穀料理★エトセトラ

おはようございます。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュの中村恭子です。

さて、以前より、雑穀は体をあたためてくれる食材とお伝えしてきましたが、
本日は、そんな雑穀料理の一部をご紹介します。

食欲のない朝にお勧めなのが、雑穀を加えたスープ。
皆の大好きなカボチャのスープに、ゆる~く炊いたアワを合わせました。
蒸したカボチャに、昆布だしか水を加えてミキサーにかけ
味付けに塩麹を加えて鍋に戻します。
お好みのとろみがつく程度のアワを加えて、塩コショウで味を調えます。
豆乳を少し加えると、クリーミィに仕上がりますよ。

乳製品を使わない代わりに、塩麹でコクを出します。
ぜひお試しくださいね!

 カボチャとアワのポタージュ2

 

 

 

 

もう一品は、タカキビとおからのマフィンです。

おからのマフィン★タカキビ2

 

 

 

 
炒めた玉ねぎとタカキビをお醤油で味をつけた、甘くない、お食事タイプのマフィンです。
こちらは商品化の予定なので、レシピは内緒になりますが(*^_^*)
普段つくる、ホットケーキやマフィンの生地に炊いた雑穀を混ぜると食感も面白く栄養価もアップします。

雑穀料理はハードルが高いと思わずに、
種類ごとに炊いて、冷蔵庫にストックしておくか、小分けにして冷凍しておくと
炒め物やスープ、お菓子作りにと気軽に使うことができますよ。
日々の食卓に、ぜひ取り入れてみてくださいね♪
栄養価がアップします(#^.^#)

地産地消のお野菜☆里芋

おはようございます。

クシマクロビオティックス・コンシェルジュの中村恭子です。

「寒い、寒い」と言いながらも、立春を過ぎ、蓼科でも少しづつお日様の時間が長くなっており、確実に春の足音を感じられる今日この頃です(^^)
なんて昨日までは思っていたところの今朝の雪!
本当に今年はよく降りますね(^-^;

~さて今日は、信州伝統野菜の一つでもある☆「里芋」☆
  (伝統野菜では坂井芋として知られています)のお話~

里芋は日本各地で栽培される野菜で、その種類も豊富にあります。
また、食物としてはイネ科の植物より古い歴史があるとされ、古くは縄文時代から食されてきた食べ物です。
独特のヌメリは、胃腸の粘膜を強くしたり、老化防止に良いともされています。
またお肌の保湿にも効果がある、健康にも美容にもいい食材です(^^)

里芋は、煮物に、きぬかつぎにしたり、けんちん汁やフライにしても美味しいですよね。
でも、里芋というとお料理がいつもワンパターになりがち・・・なんてお悩みはないでしょうか?

そんな方は、ぜひジャガイモ料理を里芋でアレンジしてみてください。
ポテトサラダに、コロッケに、マッシュポテトにと、ジャガイモを里芋に変えるだけ。
体を冷やす傾向のあるジャガイモよりも寒い時期に向くお料理に変身しますよ(^^)

☆里芋料理のポイント☆
里芋は茹でずに、皮ごと蒸してから使用しましょう!
皮ごと蒸すことで、ヌメリ成分の効果を逃さず摂取することができます。
高血圧予防、胃粘膜の保護、お肌の保湿に大切な「ヌメリ」をしっかり取って
美味しいお料理をあれこれ作ってみてくださいね。
ちなみに、私のお勧めは、コロッケです(*^_^*)

スイーツにすると、おはぎですね❤

昔は日本の各地で作られていたそうですよ。
これぞ地産地消の伝統料理\(^o^)/

作り方はとっても簡単。

・里芋をもち米と一緒に炊いて作ります。
・この場合、お米と一緒に炊くため、皮をむいて加熱します。
・里芋は皮をむいて、空気に触れると固くなる性質がありますから、塩少々をまぶしてヌメリを引き出し、酸化を防いでからお米と一緒に炊き上げます。
・この際、里芋はお米に混ぜず、お米の上に乗せること。
 そうしないと、お米に芯が残り、美味しく炊き上がりません。

炊きあがったら、通常のおはぎと同じようについて、
あんこやきな粉、ゴマ衣などお好みの味付けをして完成です!
と~っても美味しいです!!(#^.^#)

是非、お試しあれ♪♪