☆茅野ふるさと祭りへの出店のご報告☆

おはようございます。

ここ毎朝、霜が降りる蓼科高原は紅葉が見頃となっています。

こちらは近くの木々たちの様子。

木々1 (2) (800x600)

木々1 (1) (800x600)

華やかに色づいています。キレイですね(^^)

さて、すっかり秋も深まった先週26日(土)、27日(日)に
「茅野ふるさと祭り」が開催されました。

このお祭りでは、両日にわたり茅野の伝統芸能や、昔ながらの村舞台を再現させ歌舞伎の公演が行われました。

舞台 (800x600)
その中で、15店舗の物品販売があり、Cafe 楢 Oakは焼き菓子の販売で26日(土)に参加いたしました。
物品販売 (1) (800x600)

この日は朝からあいにくの冷たい雨・・・

お祭りへの人出が危ぶまれましたが、催し物の始まる正午には晴れ間があれわれ、その後は雨が上がりすっきりとしたお天気の中、初の出店を楽しみながら販売することができました。

実は、カフェオークのブースには私一人だったのですが

なんと近くに住む小学4年生の女の子が(利発でかわいいお嬢さんでした♫)急きょ看板娘となってくれたおかげでお菓子が飛ぶように売れたのです!
作り手の私がはにかみながら売っているかたわらで(^_^.)
「おいしいですよー」
「お土産にいかがですかー?」
とか、
「こっちが200円で、こっちが400円です!」とか値札をつけ忘れた私のフォローまで。。。

そんなわけで、お天気にも恵まれ、現地で優秀なヘルプスタッフも確保できたおかげで、14時には完売いたしました。
催し物のスタートが12時でしたから2時間ほどで完売したことになりますね(^^)

すご~い!!

お手伝いしていただいたクルミちゃん、(見てるかな?)本当にどうもありがとうございました❤

次回は春に行われるいうお菓子のイベントに出店のお話がきていますが、
私のスケジュール次第ということになりそうです。。。
また詳しく決まりましたらご連絡いたします。
どうぞお楽しみにヽ(^o^)丿

以上、カフェオーク、初の店外販売のご報告でした(#^.^#)

☆11月度 お料理教室&「茅野ふるさと祭り」出店のお知らせ☆

おはようございます。

早いもので10月も下旬となり、日々秋も深まってきました。

Cafe楢Oak裏手のカラマツ林も、だんだんと秋の装いに色づいてきています。
今月末には紅葉が見ごろとなるでしょう。

そんな中 我が家では、早くも薪ストーブが大活躍♫

薪ストーブ -1(640x480)
ストーブの中では、

サツマイモ

かぼちゃ

じゃがいも…

などなど美味しいものもスタンバイしています(^^)
やはり食欲の秋ですね。
私も少しまあるくなったような気がいたします(*^_^*)

さて、11月のお料理教室の詳細が決まりました!
以下、そのご案内です。

☆生地から作るきのこのミニピザ☆

ミニピザ

日程:11月24日(日)10時より3時間程度(試食、片づけ含む)
費用:5000円
メニュー:
❤手ごね生地で作る きのこのミニピザ
*生地 *トマトソース *ベジチーズを手作りします。
❤パンプキン&ナッツのクリーミィサラダ
❤※旬野菜のポタージュスープ
❤あったかドリンク ふわふわ豆乳ココア ※プチガトー添え
(※レッスンでは作りませんが、レシピを配布します)
持ち物:エプロン、ハンドタオル
ご試食の時間のない方はお持ち帰り用のタッパー等

以上

お申込みはホームページ コンタクトのページから
またはお電話にて 0266-77-3778

☆もう一つお知らせです☆

今週末に開催される
「茅野ふるさと祭り」にカフェオークも出店することとなりました!
http://www.chinoshi.net/CNet_HP/user/index.php?secid=100242&pageid=1
参加日は26日(土)です。
10時から16時くらいまで
カフェオークの人気の焼き菓子
きな粉のカップケーキやお豆腐のマフィン、
おからのケーキなどの販売を予定しています。

お近くの方、どうぞお立ち寄りくださいませ。
私が売り子として、お待ちしております❤

沢山の方とお会いできますことを楽しみにしております(^^)

 

☆週末営業のお知らせ☆ 他

おはようございます。

Cafe楢Oak オーナーの中村恭子です。

本日はCafe楢Oakの営業内容を一部変えて、
週末臨時オープンをするお知らせです。

以前より、蓼科乗馬ファームのお客様にはご利用料金5000円から1割のカフェサービス券を発行し、カフェでご飲食していただいておりました。
またカフェがクローズの時期は、サービス券分のテイクアウトのドリンクとお菓子をご提供していたのですが、今後は

蓼科乗馬ファームへお越しになったお客様のために、土日及び祝日に
カフェスペースをご利用いただけることとなりました!

※天候によってはご利用いただけない場合もございます。
また事前にご予約が入っていない日はオープンしないこともございます。

ただしご提供できるサービスは
一部のドリンクメニューのみ(テイクアウトのカップにて)となります。
またスイーツの店内でのご提供はありません。

なお、これまで通り、サービスチケット用の焼き菓子はご用意しておりますが
一般への販売は致しませんのでご了承くださいませ。

☆さて、もう一つお知らせです☆
10月7日に発売となりました「八ヶ岳デイズ ナチュレ」に記事が載りました!

表紙

 

見開き

私が蓼科でカフェをオープンすることになった経緯をお話しています。

書店にてどうぞご覧になってくださいね。

今後とも蓼科乗馬ファームのご利用ともどもお待ちしております(^^)

☆糸萱かぼちゃPRイベント 開催のご報告☆

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は先月29日にカフェオークで開催された
「糸萱かぼちゃPRイベント」のご報告です(^^)
このイベントは蓼科高原近隣の大手ホテルのシェフやオーナー、
また報道関係者向けのPRイベントでした。

プロの料理人の方にもまだあまり知られていない地元の美味しいかぼちゃを紹介するとともに
私のオリジナルレシピによるベジタリアン向けメニューをご提案いたしました。

食材はオーガニックファーム ポニーハウスさんに全面ご協力いただきました。
また多くの生産者の方にご参加いただき、
畑からの生の声もお伝えすることができました。

ところで、「糸萱かぼちゃ」ってなに???

と思われる方も多いはず。
外見はこんな感じ。
糸萱地区でとれるかぼちゃは全て「糸萱かぼちゃ」と呼ばれますが
今回ご紹介するのは左下のもの。

糸萱かぼちゃ
淡いパステルグリーンがなんとも上品でしょう?
割ってみると、中身はキレイは卵色(#^.^#)

かぼちゃカット (800x533)

ここ蓼科高原ふもとの糸萱地区は、古くは戦国時代の武将 武田信玄が鉄の生産地にしていた場所で鉄分の多い土壌です。
その鉄分がなんとも美味しいかぼちゃを育んでくれているのです。
そのためここでは昔からかぼちゃの栽培が盛んで、凶作の時には主食にもなりました。
かぼちゃは美味しいだけでなく、命をつないでくれる大切な作物でもあったわけですね。

そんな糸萱かぼちゃですが
現在では地元の生産者の方々が自家用に栽培している程度で市場には出ていません。
でも、このかぼちゃ、きめの細かい口当たりと上品な甘さがスイートポテトのような
とても希少な野菜なのです。
ポタージュスープは滑らかな口当たり。
ポタージュ (800x533)
このかぼちゃの特徴は、ホクホクなのですが、
胸につかえるような粉っぽさはありません。
コロッケにすると口当たりはとてもクリーミィ

コロッケ

プリンにすれば、濃厚なかぼちゃの甘みが味わえますし、

プリン
こんな風にペーストをパンに練りこんで焼き上げても、
立派なスイーツになります❤

シナモンロール (800x533)

ね?
食べてみたくなりませんか??(笑)
この美味しそうな写真を撮ってくださったのは写真家の秋元良平さんです。
(代表作は「盲導犬クイール」他 dancyuなどグルメ雑誌にも連載を持たれていた料理の写真家としても素晴らしい方です!)
そんな秋元さんにお料理の他、イベントの様子やイベント前の作業風景なども撮っていただきました。

写真 上 イベント開催中の様子
写真 下 イベント前にお土産用のマフィンをラッピングしてくれている
東京からお手伝いに駆けつけてくれた女子達❤会場風景 (800x533)

さなちゃんとかなこちゃん

今回のイベントでは、蓼科高原の著名なホテルの料理人の方々も見えました。
来年には近隣のホテルやレストランで
「蓼科 秋の味覚フェア
糸萱かぼちゃのコース」!!
な~んてことになっているといいな
いえいえ!!
なっていることでしょうヽ(^o^)丿

そうそう、10月8日の長野日報の朝刊にも大きく取り上げられました!
新聞記事 (800x600)
地元の関心も高いようで嬉しい限りです。

美味しい伝統野菜をこれからも守り続けて継承していきたい、
そんな思いを改めて強くしました。

ここでイベントをお手伝いしてくださった方々に
改めてお礼を申し上げます。
PRが成功しましたのもご協力者の方々のおかげです。
本当にありがとうございました。