GWスタート!

おはようございます。

Cafe楢Oak 店主です。

今年もGWが始まりました!!

Cafe楢Oakでは今年も蓼科乗馬ファームのお客様に専用のドリンクチケットを発行しています。

ただし、カフェの営業内容は昨年と変わり、全品テイクアウトでのご提供となります。
そのため、カフェご利用の方のための専用メニューはなくなりましたので
ご了承くださいませ。
なお、乗馬ファームご利用の方以外も現金でのお支払いが可能です。
また、ご購入いただいた商品はテラス席でお召し上がりいただけますので
カフェだけのご利用でも是非いらしてくださいね。

敷地内に咲く山桜は今が見頃です。
20150427_102137 (640x480)
山桜は、ソメイヨシノのような華やかさ、散る儚さといったドラマチックな咲き方はしませんが
奥深い魅力があります。
20150427_102053 (640x480)

20150427_102208 (640x480)
それはこの地の厳しい気候に適して根づいてきた命のたくましさなのかもしれません。

花が咲くのと葉が同時に出るという山桜
それもまたここならではの風情で私は大好きです。

ここ数日は暖かい陽気が続いているので、GWの後半には葉桜となっているかもしれませんが
新緑の桜の木もまた一興です。

皆さまのご来店心よりお待ちしております。

店主

花と馬と猫

おはようございます。

Cafe楢Oak店主です。

先日、地元の方からヨコウチナという葉野菜を頂きました。(左)
地元でも流通することの少ない貴重な旬野菜です。
以前から食べてみたいと思っていたところ、フェイスブックを通じて知り合いになった矢島さんが届けてくださいました。
20150414_175233 (640x480) (640x480)
この日は他にもお教室の生徒さんから、わさび菜、貴重な国産のブラッドオレンジも頂き
瑞々しい緑の葉野菜とフレッシュな柑橘の香とに
キッチンが一気に春めきました。

我が家では新鮮な野菜やフルーツは加工をせずに、そのままで食べることが基本。
葉野菜はおひたしにすることも多いですが、茹ですぎ注意。
ざるに揚げて余熱で火を通すくらいの感覚で、早めに湯から引き揚げていただきます。

今回頂いたヨコウチナ、食べるのは初めてでしたが、まずは基本に則り生で味わいました。
柔らかく癖がないけれども生で食べるには葉が少し厚いかな
そこで湯にさっとくぐらせてみたところ、とても美味しかったです!
矢島さんはじめ、ヨコウチナを知る方々は皆、お浸し、お味噌汁などさっと加熱して食べることを勧めてくださっていたことに納得でした。
この日は、ゆがいたヨコウチナを本醸造醤油と海苔でシンプルに磯あえに仕上げました。

先月頂いてその美味しさに感激したわさび菜は引き続きサラダに、
ブラッドオレンジはジュースにと勧められましたが丸ごと朝食に(^^)

色々なものがお金で買える時代ですが、作り手さんとのつながりを感じられる旬の食材をいただく贅沢にはかなわないなとつくづく実感しています。
届けてくださった方々に心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!!

さて話は変わります。

ようやく花壇に花が咲き始めました。

クリスマスローズ
20150416_131418 (640x480)

水仙
20150416_131453 (640x480)

来週には敷地内の山桜も咲き始めることでしょう。

こちらは今年から蓼科乗馬ファームに仲間入りしたロビン。
イケメンですよ~
20150416_131632 (640x480)

看板猫の雷ちゃんも相変わらずの悪顔でお待ちしております(^^)
20150416_131243 (640x480)

GWはご家族で蓼科乗馬ファームへいらっしゃいませんか?

その際はぜひ当店へお立ち寄りくださいね。

今年も沢山の方々とお会いできますことを楽しみにしています。

☆おまけ☆
20150314_210815
雷ちゃんの決めポーズ(笑)

草木染のカーテン

おはようございます。

Cafe楢Oak店主です。

ちょうど1週間前に15cmの積雪を記録した蓼科ですが
さすがに春の雪、あっという間に溶けてゆきました(^^)

さて、我が家がこの地へ移住して今年で4年目となりますが
3年前から、春になると草木染をすることが恒例となっています。
なかでも一番の大物は、お店で日除けに使うカーテンです。
このカーテンは使い古しのシーツを材料に、手製で簡単な加工を施したものなのですが、
更に染色加工を施すことで日除け効果が高まりカーテンとしての役立ってくれます。

草木染初年度は玉ねぎを使いました。
皮の部分を使い、煮出した煮汁で染めてみました。
自己流だったので吊るしてみると染まってる?!という仕上がりでしたが
作業したことに満足したものでした(笑)

a2d160143347841a941ae96983ee1d61[1]

昨年はご近所の草木染に詳しい方にレクチャーを受けハルジオンを使いました。
染色液、媒染液の作り方などを教わり、1年目の玉ねぎ染めを染め直しました。
ご覧の通りの見事な染めあがり!

店内風景

さて、3年目となる今年は桜です。

先日敷地内に咲く桜の木を2本切ったので、
枝の部分を染料に、幹の部分はストーブの燃料とすることにしました。

染め終わった布地はこんな色。
20150413_151556 (640x480)

キレイですよね!

GWが待ち遠しい(^^)

草木染の作業を傍らで見ているといつも思うことが
葉や枝に、花の色が表れる不思議さです。

幹から枝、葉の細胞一つ一つにも花の色素が含まれているのでしょうか。

ところで、桜と言えばお花見ですが
蓼科での見頃は例年GWごろとなります。

当店は、今年から営業内容が変わり、
蓼科乗馬ファームへお越しの方のご利用がメインとしたテイクアウト販売となりますが
一般のお客様のご利用も大歓迎ですヽ(^o^)丿
新緑と桜を楽しめるテラス席でおくつろぎくださいね。

☆おまけ☆

桜の染色液に手を入れて染まってしまった看板ボーイの雷ちゃん(#^.^#)
母に現行犯で捕まりました(笑)
20150406_075914 (640x480)

蓼科塾からのお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は私が代表を務める「蓼科塾」からのお知らせです。

蓼科塾ではこの夏に向けて
キッチンカーで「スープ」の販売を予定しています。

現在、中古の軽自動車をキッチンカーにするべくメンバーで準備中です。

メニューはキッチンカーの大きさの制限があるため1種類のみ。
販売は朝仕込んだスープが、なくなり次第終了です。

スープと一緒に販売するパンにもたっぷりこだわりがありますよ。

諏訪の美味しい天然酵母のパン屋さん「こころ屋」
http://www.kocoroya.net/
のオーナーにお願いして、私が普段から作っているレシピをお渡しして
こころ屋さんの自家製天然酵母とあわせて作っていただけることになりました。。

信州地粉に小麦ふすまを配合した酒粕パン。
酒粕が生地にしっとり感を与えてくれるのです。
20150309_125006

酒粕の香りが苦手な方もご心配なく。
焼き上げることで香りはほとんど残りません。
どんなスープにもあうシンプルなパンながら味わい深く仕上がりました(^^)

さて、営業開始に向けて
これからキッチンカーの内装に手を入れ

外装にロゴのデザインを入れます。

また同時にお野菜の仕入金額など、生産者さんと相談して価格を決めてゆきます。

メニューや看板の作成、ユニフォームを決めたりと
やることは盛り沢山ですが
お客様の喜ぶ顔を想像してメンバー皆張り切っています(#^.^#)

この夏、蓼科の地産の野菜を使った美味しいたスープを皆さまにお届けできることを願って
私もメニュー開発に気合が入ります♡
20150321_131549
↑写真は3月試作の茅野産ホウレンソウのグリーンスープ(新じゃがとタカキビ入り)

そう、メニューは私が監修しておりますので
肉・魚・卵・乳製品、及び精製された白砂糖
化学調味料無添加でお作りしますよ♫

ベジタリアン・ビーガンの方もどうぞ(^^)v

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

夏みかんのピール作り

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今日は新年度スタートの日!ですがあいにくの曇り空で
太陽はいずこへ・・・?というお天気の蓼科ですが
その代りにお日様のような夏みかんを使ったスイーツレシピをお伝えします♫

この夏みかん、東京の友人がお庭で採れたものと言って贈ってくれたものなのです。
柑橘類を作ることのできない蓼科では、本当に貴重な贈り物です。
20150304_123356 (640x480)

皮ごと安心して使えるのでマーマレードやピールにしてみて、とのこと(^^)

そんなわけで早速作りました♫

作り方はこちら★

①まず、中身は美味しく頂きましょう(^^)
剥いた皮を一晩水につけてから白い綿の部分をお好みの量を残して取りのぞきます。(苦いものがお好きな方は大目に残す)
20150316_090214 (640x480)

②茹でこぼして、冷水に取ること×4~5回

③その後再び一晩水にさらします。

④お好みの幅にカットします。
20150316_103334 (640x480)

⑤こうして下処理した皮200gに対し、
自然塩 少々
ストレートのリンゴジュース150cc
未精製の甜菜糖40~50g で煮てゆきます。
リンゴジュースの水分がほぼなくなったら、
更に甜菜糖40~50gを加えて煮絡めて完成です。

バッドに広げて、甜菜糖をぱらぱらとふり、一晩乾燥させます。

さて、出来上がったピールを刻んでオーガニックのココアとレーズン、自家製アーモンドパウダーでチョコレート風のお菓子に仕上げました。
乳製品だけでなく、一切の甘味料を使用せず作ったショコラですが
市販のチョコレートに負けないリッチな味わいです。

加えて、夏みかんピールの甘さとほろ苦さが相まってなんとも贅沢なスイーツとなりました。
20150331_170950 (640x480)

もちろん、ピールをそのまま頂いても美味しい!

皮ごと安心して食べることのできる夏みかんが手に入ったら是非お試しになってくださいね。

そして今日も・・・

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~