別冊KURA「八ヶ岳・諏訪・ビーナスライン」掲載のお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。
本日は雑誌掲載のお知らせです。

今月初めに発売となりました
別冊KURA「八ヶ岳・諏訪・ビーナスライン」にCafe楢Oakとお料理教室の様子が掲載されています。
11182350_759241474196077_5731971277678354344_n

11060933_759241457529412_9016480593823077724_n

他にも、このエリアのお勧め情報が満載の素敵な雑誌です。

いよいよ高原のシーズンがやってきました。

蓼科方面へお出かけの際の、参考になること間違いなしですよ!

信州では店頭で購入できますが、
他県にお住まいの方でもネットで購入が可能です。

どうぞお求めくださいね♡

話は変わり、

先日、軽井沢へ出かけてきました。
Cafe楢Oakの看板娘 ビーグル犬のマロンを車に乗せての初の家族旅行です。
20150512_115630 (1280x960)

マロンは興奮して吠えたりすることもせず、
大人しく自分の場所に収まっていて、家族みな本当に賢い子だと
改めて感じました。

女の子なのに、なんとなく
「ぼく」といったやんちゃな雰囲気を持つマロンなのですが
この日は家族の誰もが聞き分けの良い女の子らしさを感じました(笑)
そして、そんなマロンですが
大好物は野菜とお肉、お魚を煮た手作りスープ。
おやつにはナッツも喜んで食べます(#^.^#)

我が家に来て2年目、すっかり家族の一員となったのでした。

おしまい☆

お礼☆GWの営業を終えて

おはようございます。

Cafe楢Oak 店主です。

今年のGWも蓼科乗馬ファーム、当店共に多くのお客様に来ていただきました。

新しい、数々の素敵な出会いがあり、

また毎年お顔を見せてくれるお客様との再会も多くありました。

中でも小さいお子さんがどんどん成長していく様子を拝見できることは
楽しみの一つ。

抱っこされていた赤ちゃんが椅子に一人で座れるようになったり、
お母さんと引き馬体験していたお子さんが、一人で乗馬のレッスンを受けられるようになったり、

今回印象深かったのは、
フェイスブックを通じてご両親と仲良くさせてもらっているI家のお子さんで、Jちゃん小学2年生の女の子。
初めてお会いした時は幼稚園の年中さんだったように記憶しています。

未就学のお子さんは一人で乗馬はできないため、引き馬からのスタートでした。
毎年、GWか夏休みには蓼科へきて、乗馬ファームと当店へ立ち寄ってくれるのですが、
Jちゃんは確実にステップアップしながら、今年はなんと一人で外乗(外へお散歩に出かけるコース)に出かけました!

たいていはご両親のどちらかと一緒というパターンが多いのですが
Jちゃんの自立心には驚くばかりです。

おしゃれで可愛いJちゃんは、自分のファッションだけでなくお母さんのファッションにも厳しいようですが(笑)
なるほど、すっかり見た目もお姉さんになりました。

次回は夏休みにお会いできるのかな?

また、多くのお客様との再会をスタッフ一同心より楽しみにしております。

今後とも蓼科乗馬ファームとCafe楢Oakをどうぞよろしくお願いいたします。
GWの営業を終えて、ご来店いただいたすべての方々に感謝の気持ちを込めて…

店主

糸萱かぼちゃの畑からワークショップのお知らせ

こんにちは。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

朝晩と昼間との寒暖の差の大きい蓼科でも、ようやく霜の降りる心配がなくなってきました。
日中は半袖でも過ごせる日も多くなり、畑作業も本格始動です。

さて今年も糸萱かぼちゃの栽培がスタートしました。

現在は苗を育てているところ。
IMG_6536 (1280x853)

もう少ししたら、畑に植え替えていきます。

そしてしばらくすると畑の除草作業。
除草剤を使わずに人の手で丁寧に草取りをしてゆきます。
大切に大切に育てること、美味しい野菜作りの基本です。

さて、私が代表をつとめる蓼科塾では「糸萱かぼちゃ作り」ワークショップを開催することとなりました。

以下、詳細です。
蓼科高原で育てよう!
信州伝統野菜の糸萱かぼちゃ作り

糸萱かぼちゃ  小(640x360)
信州伝統野菜の糸萱かぼちゃは茅野市北山の糸萱地区で明治時代以前から栽培されてきました。
この地は戦国武将の武田信玄が鉄の採掘をしていたことでも知られており鉄分を多く含む土壌と標高1000メートル以上という気候がかぼちゃの栽培に適しています。
地元農家の方々により大切に種が受け継がれ守られてきた糸萱かぼちゃは、自然な甘さと口どけの良さが特徴の美味しいかぼちゃです。
また、この土地は1万年以上続いたと言われる縄文文化の栄えた場所でもあるのです。
日本かぼちゃの伝来は16世紀と言われているので、縄文時代には食べられていなかったかもしれませんが、美しい翡翠色の糸萱かぼちゃを見ていると、翡翠を愛した縄文人たちの心がその実に宿っているようにも感じられます。
古代より私たちの命をつないできたこの土地の水と土壌で、美味しい糸萱かぼちゃを一緒に作ってみませんか?
ランチタイムには蓼科塾商品「ベジビジン食」をご用意いたします。
また、ご希望者には秋に実った糸萱かぼちゃのご予約も受け付け致します。
ご参加お待ちしております。

主催:蓼科塾

≪日程≫:2015年6月6日(土)
≪会場≫:茅野市北山糸萱地区
≪集合場所≫:Café楢Oak(カフェオーク)
茅野市北山6153-1

http://www.cafe-oak.net/access/index.html

≪連絡先≫:080-3005――8386(中村)

予定スケジュール
11:00 Café楢Oak 集合
講師紹介と糸萱の歴史とかぼちゃのお話
12:00 ベジビジンランチ(ベジビジン弁当またはベジビジンスープセットを予定)
13:30 糸萱かぼちゃ畑の除草作業(1時間程度)
15:00 Café楢Oakにて解散

服装の注意
畑での作業となります。長靴、長そで、長ズボン、軍手など肌を露出しない服装をお勧めします。
また日よけの防止などもご用頂くと安心です。

ワークショップ参加費
1500円(昼食代として)
他、オプションとして
 かぼちゃお届け希望(品質確認のためカットしたものをお送りします。)
1キロ 1000円、 2キロ 1500円(送料含む)
 宿泊をご希望の方は別途1500円でご用意いたします。

申し込み先:
infotateshinajyuku@gmail.com
参加申込者全員のお名前と代表者の方のメールアドレス
オプション追加の方は、その旨もお知らせください。
追ってご予約確認のメールをご返信させていただきます。

募集人数に達し次第締め切らせていただきます。

ワークショップに参加して、あなたも蓼科塾の塾生になりませんか?
お申込み、お待ちしております(^^)

「春のベジビジンランチ」のお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

4月から鹿島南蓼科ゴルフコース「レストランイーグル」さんで
私の監修した「春のベジビジンランチ」の販売がスタートしています。

http://www.kajima-resort.co.jp/facilities/restaurant.html

春メニューは以下の通り

信州産長芋のポタージュスープ(昆布出汁仕立て)
キャベツのコールスロー(自家製オニオンドレッシング和え)
豆腐のフラン(豆腐を卵に見立てたオーブン料理)
鞍掛豆のポテトサラダ(豆乳マヨネーズ仕立て)
野菜のグリル
大豆ミートの唐揚げ(鶏のから揚げのような味わい)
茅野産の玄米ご飯(圧力鍋で炊きあげました)
黒ゴマのプリン(寒天と本葛仕立て)

全てのお料理に、
肉・魚・卵・乳製品・白砂糖を使用しておりません。
また無添加にこだわり厳選した調味料を使用し、化学調味料は使っておりません。

ゴルフをされる方以外のご利用も可能ですが、予約が必要となります。
お電話はこちらまで
0266-76-2222 

6月後半あたりから夏メニューとなる予定です。

春メニューをまだ召し上がっていない方は是非足をお運びくださいね。

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~