マロン流冬の楽しみ方4つ

①霜柱を踏んで歩くことが好き。

サクサクサクっという乾いた音
脚が沈み込む感覚

寒い時期のお散歩の楽しみの一つ。

踏みしめて歩いては、振り返ってパパとママの顔を交互にみつめると
2人ともとっても笑顔になる。

人の笑顔を見ること、大好き

②雪が降る中のお散歩が好き

ふわふわの雪が舞い落ちて背中に降り積もった頃合いを見て
ブルブルブルって体を震わせて雪を払いのけるのが
とっても楽しいから

お散歩から戻ったお部屋に
毛布でくるまれた温かい湯たんぽが用意されていると
もう最高!!

③よく晴れた日の、空気が澄みきった感覚が好き。

キーンという小さな耳鳴りの後に
お日様の光を受けてキラキラと流れる小川の水の声が聞こえてくるから
20150214_094627 (640x480)
お入り、マロン
とても冷たいけれど、気持ちがいいよ
さぁ泥で汚れた脚をきれいに洗ってあげよう

私は小川の水に誘われるまま、
ぐんぐんとリードを引っ張って水辺に向かう。

パパやママはあきれ顔だけれど
冬の小川での水浴び大好き。

冬のお日様を浴びた小川の水は
とってもキレイで
きっと脚だけでなくて、心まで洗ってくれているのかも

嫌なことがあっても
お日様の光をたっぷりと浴びた冷たい小川の水に入ると
「ま、いいか」
て思うことができるもの

④そうして

歩いている途中に、春を告げる小さな青いお花を見つけた日から
春を一つずつ数えていくの
20140406_125025 (640x360)

マロン
※マロンはカフェオークの看板娘のビーグル犬です。

暁の細い月

※このお話は2013年6月26日のブログ記事「高原の恋物語」サラブレッドたちの恋愛事情の続編です。

大好きなチャーリーが一枚の壁を隔てて隣にいる

それだけで私は嬉しい。

軽トラックのフロントガラスに舞い落ちた雪の結晶が凍りつくほど
厳しい寒さの蓼科の冬も
こんな風に暖かい気持ちになれるのは、好きな人のそばにいられるという幸せな感情から来るのだと思う

ねぇ、チャーリー聞いてる?

隣で休んでいるチャーリーの静かな寝息と共に、
東の空から昇ってきた細い月のため息が聞こえてきた。

ねぇ、杏
いい加減に目を覚ましたらどう?

私は月に向かってたずねた
「どういうことかしら?」

チャーリーはあなただけでなく、なでしこのこともサラのことも、
サクラのこともみんな好きなのに
1人に決められない彼を好きになるというのは
苦しくはないの?
嫌ではないの?

私はたてがみをゆっくり振ってこたえた。
「以前はね。でも最近、私変わったの」

おや、どうしたの?

今度は細い月がたずねた。

「チャーリーが好きなものは私も好き。
 それがチャーリーを丸ごと好き!ということだって気づいたの」

細い月はそんな私を、にっこり笑って照らしてくれた。
12675163_787505211381844_1676480268_o

いい子ね、杏
よくお聞き

私は地球上あらゆる場所を照らして、いろいろ見てくるけれど

それはもう色々な場所だよ

いさかいのある場所、
食べ物がなくて病気がはびこっている場所
働いても働いても休めずに皆疲れ果てている場所

だけどね、ここに戻ってくると、ほっとする

この地は、蓼科山のビジンサマが守ってくださっている。

ビジンサマに守られたこの地では、
季節が廻るように
そして、私や太陽がこの星を休まずに回っているように
水が土を潤し
木や草花がそれを蓄え、実り
その恵みで虫や動物たちが命をつなぐ
そして、動物の命がまた土へと帰る
絶えず命の輪がつながっているのが
まるで一枚の美しい絵のように見える場所だから

この地の命をつなぐ愛情のようなエネルギーが
お前の気持ちを変えたのかもしれないね

とても嬉しい素敵なニュースを聞かせてくれてありがとう

お前にとても感謝しているよ

さて、今夜も凍てついて寒いだろう

やがて太陽がのぼり、また新しい一日が始まる
今日の昼間はとても気持ちよく晴れて暖かくなる

まだもうしばらく皆眠っているだろうから
お前もおやすみ

目が覚めたら、もう私の姿は見えなくなるけれど、
今度は太陽に今の話を聞かせてやっておくれ
きっと喜ぶだろうから

いい子だね、杏

おやすみ

おやすみ

おやすみ

・・・・・・・細い月の歌うようなささやき声を耳元で感じながら
私は小さく欠伸をした。

おやすみなさい、お月さま

杏(あんず)

「茅野ロータリークラブ」での講話 ご報告

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先日
私がメニューを監修している、
玄米菜食のベジビジンランチを採用して下さっている
鹿島リゾート株式会社 福島社長さまからのご依頼を受け
「茅野ロータリークラブ」2月第1週の例会の場でお話をさせていただきました。

クラブの今月のテーマは
「平和と紛争予防 紛争解決月間」ということで

私のお話は
「地球と人類の平和のために~週に一度のベジタリアンライフ実践の勧め」と題して
環境問題から、飽食と食糧難、無理な畜産の現状と動物愛護の視点から内容をまとめ、週に一度のベジタリアンライフの実践法などを具体的に紹介し聞いて頂きました。

講話の準備期間は、不安もありました。
というのも、ロータリークラブは地元名士の男性で構成されており、
仕事だけでなく、食事に対してもアグレッシブな方々が多く(良い意味です!笑)
「ベジタリアンライフ」に対する認識も関心もあまりないであろうと思われ
私の話はきちんと心に届くのかと心配だったのです。

実際にお会いしてお話させていただくと、皆さんさすが紳士で
熱心に耳を傾けてくださいました。

公の研究機関による調査報告や、数字を多用して訴えたこともあり
肉食派の男性の皆さんにも、納得してもらえたようです。

お話の後には、実践したいという声がいくつも聞かれて本当に嬉しかったです!

日頃からこのブログでは
「週に一度のベジタリアンライフを!」と締めくくりの挨拶を用いていますが、
読者の多くは、おそらくカフェオークや蓼科乗馬ファームにご来店いただいた方や
マクロビオティックやビーガン、ローフードを実践されている方
私との面識がある方だと思います。
そんな皆さまに実用的な内容、かつ関心のあるテーマで日々情報発信をしてまいりましたが、
私としては、そういった食事に興味がない方にも広く読んでいただきたい、
また情報発信することができたら、という思いを持っていました。

今回は期せずして、福島社長さまのお計らいで素晴らしい機会を頂きました。

このような貴重な場を持つことができましたことに
この場をお借りしまして
福島社長さま、はじめ 茅野ロータリークラブ役員の方々に心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!
20160203_141326

写真は謝礼として頂いた 茅野市の鍛冶屋の名店「定正」さんの包丁です。
私が料理の仕事をしているからという訳でなく、講話の依頼を受けると包丁が贈られるそうです(#^.^#)

感謝の気持ちを忘れずに大切に使わせていただきます!

さて、それでは今週もどこかで実践してみてくださいね♪
週に一度のベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

新作スープの試作

おはようございます。

今週は、久しぶりに、地産地消料理研究家の中村恭子です。

2週続けて、我が家の動物たちによる蓼科ナビゲートからバトンタッチしました。
といいますのも、本日はお知らせがあります!

≪お知らせ≫

3月末(ゴルフ場オープン日)より
鹿島リゾート株式会社さま
鹿島南蓼科ゴルフコース「レストランイーグル」で
春のベジビジンランチを販売をいたします!

昨年より、同社さまで販売をスタートしたベジビジンランチですが
今年も継続して販売させていただくこととなりました!

それに先立ちまして、ただ今、メニューの試作真っ最中です。

先日、調理にご協力いただいている共立フーズさんと打合せをし
昨年の人気メニューや、調理の際に困った点などをヒアリングをいたしました。
その上で、
お客様に喜んでいただけるよう、
また現場の方々にもわかりやすく作ることのできるメニューをと、
メニューの練り直しをしているところです。

そんな中、この春私の一押しは新しいスープメニューです!!

20160203_071328

写真は試作中の「根菜の豆乳クリームシチュー」

ほぼ完成しました!
試食も好評ヽ(^o^)丿
通常、小麦粉や牛乳、バターを使う高カロリーのクリームシチューですが、
とろりとした食感とクリーミーな味わいはそのままに
豆乳とオートミールを使うことで低カロリーに仕上げました。
また、小麦、乳製品アレルギーのある方も安心して召し上がっていただけますよ。

何より根菜類のエキスもたっぷりでとても美味しい♡

ベジビジンランチのセットメニューのためコーヒーカップサイズでのご提供となりますが
食べごたえも十分です。

昨年同様に、ベジビジンランチはご予約いただければ
ゴルフを利用されない、一般のお客様でも召し上がっていただけます。
販売日が近づきましたら、またお知らせいたしますね♪

尚、販売に先駆けてもう一つお知らせがございます。

昨年、鹿島リゾート様、共立フーズ様のご協力のもと
トライアルでスタートしたベジビジンランチですが
お客様に低価格で召し上がってもらいたいという気持ちから
1250円という価格でご提供させていただいておりましたが
残念ながら食材の仕入れ等の関係で赤字となってしまいました。

そのため、今年から100円の値上げをさせていただくこととなりました。
販売価格は1350円となります旨、ご了承くださいませ。

今後とも皆さまのベジタリアンライフの一助となりますよう
張り切ってメニュー開発に努めたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~