オープン日のお知らせ

おはようございます。

Cafe楢Oak店主です。

今朝はこの夏のオープン日のお知らせです。

例年通り8月31日までの間 基本的に11時から16時までオープンしておりますが、
蓼科乗馬ファームの定休日 水曜日はカフェの営業もお休みです。
また、乗馬ファームの予約のない日も基本的にお休みさせていただきます。

お店の開店状況につきましてはお電話でお問い合わせくださいませ。

0266-77-3778

この夏は「里山ハンモック」さんからハンモックをお借りしていますよ。

サラブレッドたちを眺めながら、ハンモックでのんびりとおくつろぎください(*^_^*)
IMG_1002 (640x640)

ご来店お待ちしています!

自然農家「いとう農園」さんについて

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は岡谷市にある自然農家いとう農園さんのご紹介です。

いとう農園さんは諏訪湖を望む山間にある小さな小さな家族経営の農園です。

頑固一徹こだわりの生産者お父さんを柱に
肝っ玉母さん!と呼びたくなるような、会えばだれもが好きになってしまう営業担当の頼れるお母さん、
まるで少女のようにキュートな、でもしっかり者で草取りとお花の栽培が専門のお祖母さん
それはそれは見事な連携で、美味しいお米とお野菜を作っています。

そんないとう農園さんのお父さんのこだわりは

無農薬、無化学肥料、自家製堆肥で栽培する、
そして食べる人、作る人だけでなく地球環境に優しい自然農法を取り入れること。

※自然農法とは一言で説明するといわゆる雑草と呼ばれる草と、野菜とを共生させながら無農薬、無化学肥料で作物を育てること。
そうすることで、野菜につく害虫への被害も他の草に分散することができ、薬を使用することなく育てます。

無農薬ですから、当然ながら出荷する野菜には青虫がついていることもあります。
そんな時は、びっくりしても決して怒らないでくださいね。

虫も食わない、ではなく青虫が食べたくなる野菜なのです。
私だって、そういう野菜を食べたいです!

さて、いとう農園さんでは他にもかわいい従業員がいます。

アブラムシの駆除を担当するナナホシテントウムシくんたち。
13235098_960405087413047_6424498581343889982_o
ピンボケですが・・・^^;

ハウスの周りの葦の葉の草刈りはお祖母さんのお仕事なのですが、
お父さんからの指示で、広葉の草は残しておくことで、そこをめがけてナナホシテントウムシたちがやってきます。

他には…
良く晴れた日、レタスの収穫に近くの親子がお手伝いに来ていました。
レタスは朝収穫しないとしなびてしまうので、学校に行く前にボランティアで来てくれています。

いとう農園さんではこうして、人、虫、草たちに助けられながら一生懸命、家族みんなで美味しい野菜とお米を作っています。

13220627_960405140746375_5228504949437077766_o
畑の脇のお花には蝶も遊びに来ます。

13248333_960405230746366_8424578435356877470_o
他の草との共生する畑は、野菜と雑草(みんな名のある草なのですけどね)が仲良く育ちます。

そんな「いとう農園」さんの野菜が近くで購入できる場所は

角上生鮮市場 諏訪店 ※常時あります。
〒392-0017 長野県諏訪市城南2丁目2510-1
TEL.0266-57-5552

蓼科自由農園 原村店 ※ある時とない時があります。
〒391-0111 長野県諏訪郡原村上里18101-1
TEL: 0266-74-1740

他に「蓼科塾マルシェ」というサイトを立ち上げる準備を進めています。
このサイトが立ち上がると、遠方の片にも、いとう農園さんの美味しいお米とお野菜をお届けできますので、
サイト開設まで今しばらく楽しみにお待ちくださいね。

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

「蓼科Cafe」オープンのお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は先日ご紹介させていただいた蓼科湖畔に新しくオープンするカフェのお知らせです。

ようやく名前が決まりました。

その名も・・・

「蓼科Cafe」

です!!

蓼科観光協会の、湖畔を訪れる方々に憩いの場を提供したいという思いが
北八ヶ岳ロープウェイ株式会社さまが出資をする形で
いよいよ実現します。

オープン日は7月23日(土)

私も、Molino Coffeeさんの美味しいオーガニックコーヒーや、エスプレッソをベースに作る本格的なアイスコーヒーなど
ドリンクメニューの一部をご提案させていただきました。

最終の試飲会を明日に控えて、ただ今急ピッチで準備を進めています。

また店舗の一室にはCafe楢Oakの菓子製造所も併設させていただきます。
おからのケーキやお豆腐のマフィンなど、人気の焼き菓子をお作りしていきますので
こちらも楽しみにしていてくださいね!!

更には、この夏の期間はスペシャルな店員さんをお招きしています!

それは、

茅野市の縄文ふるさと大使でシンガーの葦木啓夏さんです♡
12809701_1030204743716934_2747710367881356338_n

なんと啓夏さんがこの夏 「蓼科Cafe」の看板娘を務めてくださいます!

お忙しい中ご協力いただくため、毎日という訳にはいきませんが
運が良ければご本人とお会いできるチャンスがありますよ!

蓼科へお越しの際には、ぜひ「蓼科Cafe」へお立ち寄りくださいませ。
私もお手伝いをさせていただく日もあるかと思いますので
多くの皆さまとお会いできますことを楽しみにしています(^^)

蓼科の素敵な思い出づくりにお役にたてたらと
蓼科観光協会の方々の思いが詰まったお店です。

末永くよろしくお願いいたします。

「蓼科Cafe」
〒391-0301 茅野市北山4035-205

それでは今週も

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

2016食育vol2@北山小学校

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先週の金曜日、地元の北山小学校で料理クラブの授業をしてきました。

今月は今が旬のブルーベリーを使ったメニュー。

ブルーベリーといったらやはりジャム!

というわけで、

生徒さんたちとジャムづくり。

白いお砂糖を使わずに、オリゴ糖とミネラルたっぷりの甜菜糖を使って
ブルーベリーの甘さを引き立たせたジャムは芳醇な味わいに。

ジャムというと、ことこと煮込むイメージがありますが、ブルーベリーのジャムは驚くほど簡単にできてしまいます。

そんなわけで、もう一つ、豆乳を使ったクリームチーズ風のディップも作りましたよ(*^_^*)

豆乳を60℃くらいに温めて、指で温度チェックをしてもらう場面では
皆おそるおそる指を入れる様子がとてもかわいらしかったです。

「あちっ」
「あれ?そうでもないかな」

というリアクションに思わずにんまり(^^)

料理は五感を使って作るもの、私はこうした体験も重要だと考えています。

作ったブルーベリージャムと豆乳クリームチーズは
メルヘン街道沿いにある、信州地粉を使った天然酵母のパン屋「トナリテ」さんのベーグルに挟んで試食してもらいました。

IMG_0653 (640x480)

IMG_0654 (640x480)

かわいい紙ナプキンと一緒にテーブルセッティングをしたら
クラブ長さんのごあいさつで
「いただきます!」

今回のメニューはみんな大好きだったようで
「おいし~~!!」の声が口々に(#^.^#) 良かった!

さて、来月は何を作ろうかな~

地産地消や旬と言った言葉を使わなくても、
美味しい記憶が学習にもつながっていけばと、来月も張り切って取り組みたいと思っています。

では今週もどこかで

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~