糸萱かぼちゃ 六次産業化に向けてVol.4

こんばんは。

地産地消料理研究科の中村恭子です。

今週から糸萱かぼちゃの六次産業化に向けた取り組みの一環として重要な販路についてのお話です。
まずは現状の販促活動とそれについての今後の課題をお伝えいたします。

糸萱かぼちゃの販売は信州伝統野菜となってから昨年まで売上のメインとなるものから順に
①注文受販売
②直売所(糸萱かぼちゃの生産者でもありオーガニック農家ポニーハウスさんにて)での販売、
③イベントでの販売
④生産者個人による販売
以上の4つが主でした。

今年度の生産者組合総会での会計報告では利益が出ているものの、
組合発足から3年間、県の「元気作り支援金」という補助金を利用しているために
申請した活動資金の補助金で補填されない金額分は代表、副代表の自己資金持ち出しとなっており、実際には赤字の運営が続いています。

多くの補助金が同じようですが、「元気作り支援金」も申請額に準じ、かかった費用に対して、補助金規定の歩合で支払うという形です。
また補助金は、実際にかかった費用に対して精査され支払われるため、先にお金を立て替える必要があるのです。
(個人的見解ですがこうした制度には私としては理不尽を感じています。それについてはまた改めて)

糸萱かぼちゃ生産者組合においては支援金の不足額だけでなく、注文受販売についても生産者組合の島立代表、湯田坂副代表がFAXで受注したものを各生産者のお宅をまわり集荷して配達するということを、3年間無報酬で行ってきました。
また、たった1キロ、2キロの注文でも地元であればと、配達に回っていたというのには驚きです。

しかしながら、集荷、配達だけでなくお二人も一生産者でもあり、また組織として運営している生産者組合は、会計事務処理など様々な執務もあり、これらはほぼ全て現状では代表、副代表が行っています。

お二人のご負担はさぞやと思われますし、またそうした状況では販売を続けていくことも難しいと思われます。

続いて直売所の問題です。
場所は都内にも野菜の出荷を手掛けるオーガニック農家ポニーハウスさんです。
こちらでは、販売所に常駐しなければならない人員の問題があります。
ポニーハウスさんのスタッフの方々は皆、畑の作業もしているために販売所に常駐することは難しいのです。
直売所とするからにはそうした人員を確保するか、または別の手段を考えなければならないのです。

売上のメインではありませんがPR活動の一環で、イベントでの販売があります。
イベントでの販売は県内の他、遠くは都庁や銀座まで赴き販売してきました。
ただし、遠征した場合、交通費等が発生し(人件費はもちろん未計上)売上金額から諸経費を引くと販促としては望ましくはありません。
PR活動として赤字でも良いのか、また、遠征してPR兼販促活動を行うメリットについて検討し直す必要があります。

生産者個人の販売については、知人への販売が中心です。
個人の販売に限らずですが、かぼちゃとともに種も流通することで
糸萱地区以外で作られたかぼちゃを「糸萱かぼちゃ」として販売されてしまう、というおそれがあります。
(同じ種でも、糸萱かぼちゃといえるのは、鉄山跡地である糸萱地区の土壌が生み出すもので、他地域では同じようには栽培できません。
また、糸萱地区においても、栽培に適した場所というのがあり、日当たり良く水はけの良い場所でなければならないのです。昔から土手かぼちゃが美味しいというのには、日当たりの良い傾斜が水はけよくかぼちゃの栽培に適していたのでしょう)

このように今までの販売ルートはいずれも大きな問題を抱えており、
今年は糸萱かぼちゃの六次産業化への取り組みとともに販売ルートの見直しも考えていかなければ、生産者組合存続も危ぶまれてしまう状況なのです。

次週はその解決策。
先日行われた糸萱かぼちゃ生産者組合総会で決まった販促方針をお伝えします!

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだづくりのために〜

糸萱かぼちゃ 六次産業化に向けてVol3

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子dす。

今朝は先週に引き続き糸萱かぼちゃの冷凍加工のお話です。

今年、糸萱かぼちゃは、八ヶ岳福祉農園さんの作業場と急速冷凍庫、そして真空パック器をお借りして急速冷凍の加工に踏み切ることになりました。
そして冷凍したかぼちゃは地元の運送会社 ㈱スワリクさん所有の冷凍倉庫を利用させていただくことになりそうです。

と、ここで㈱スワリクさんのロゴマークから企業の経営方針をご紹介。(以下、スワリクさんのHPより抜粋)
SRロゴマーク
SuwarikuのSRを取ったロゴマークに、TransportのTと、輸送品質でイチバンになるというイを具現化し、赤い燃え上がる情熱を表したイをSRの字に一体化しました。お客様と共に歩むスワリクの、地球の底より湧き上がる真っ赤な情熱を表しています。

ロゴマークに込めた思いからお分かりになるように、情熱的な経営理念の企業なのです。

先日、そんな熱い㈱スワりくさんの、冷え冷えとした冷凍倉庫を見学させていただきました。
IMG_5649
冷凍倉庫は本社からほど近い諏訪公設市場内にあります。

IMG_5651
分厚い扉の奥は熱い情熱でも溶けないように一年中マイナス17度から20度に保たれています。

IMG_5652
扉を開けていざ内部へ。 扉の奥には更に冷気を逃さないようゴム製の暖簾のような物がかかっていました。

IMG_5654
加工用のあんずやりんごなどがドラム缶のようなケースに入って保管されている様子は圧巻でした。

糸萱かぼちゃがお借りするのは1フレコンというスペースで
こんな感じ↓
IMG_5658
110cm四方、高さ180cmくらいのスペースに、ダンボール等の箱に詰めて積み上げます。
高さのマックスまで入れてしまうと出し入れに問題があるそうで、大体150cmの高さを目安に積んでくださいね、
と案内をしてくださった神澤営業部長さん。

他の業者さんのように多くを預けるわけではない糸萱かぼちゃですが、わずかなスペース貸しにも快く対応してくださいました。
ご案内、そして顧客寄りにご対応してくださった㈱スワリクさんに心より感謝申し上げます。

ところで、
こちらの社長を紹介してくれたのは茅野TMO(茅野中心市街地活性化委員会)の宮坂事務局長さんなのですが、
お二人のご縁は?とお聞きすると、
高校時代からの友人だとのこと。
ただし、地元で知り合ったのではなく、東京の高校で入学式で出会い同郷だと知ったのだそうです。
野球部エースだったというスワリクの社長さんは当時から豪快で男気のある人でしたよと、
笑顔でお話する宮坂事務局長さんも男気ある男性で、お二人が並んだらさぞや豪傑だろうなと
一人想像してにんまり
この日、社長さんは海外出張とのことでお会いできませんでしたが、
機会を見つけてご挨拶に伺いたいなと思っています。

さてさて、冷凍した糸萱かぼちゃは豪傑紳士のお友達の輪でようやく居場所ができることになりそうです。
今までは収穫後に品質管理のできる保管場所がなかったため、腐らせてしまったかぼちゃも
今年は守ってあげることができるのです!

良かった良かった。

次なる課題は、冷凍かぼちゃの販売先を確保すること。

続く。

それでは今週も週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだづくりのために〜

糸萱かぼちゃ 六次産業化に向けてVol.2

こんばんは。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

本日は先週に引き続き糸萱かぼちゃの冷凍加工のお話です。

糸萱かぼちゃは急速冷凍加工をして、旬の美味しさを通年お届けすることができる、とわかったものの
最低でも1トン以上もの冷凍したかぼちゃをどこに保管しておくか、という問題が浮上してきました。

大型の冷凍庫を買って、保管する?

・・・にも生産者組合には事務所というものがありません。

では、事務所となる場所をどこか借りようか?

生産者の方々の中には、今はつかっていない家を持っている方も多いのですが、
空き家はあるとは言うものの、
冷凍庫を購入する等の初期投資費用 及び月々発生する電気代はバカになりません・・・

加工に際しても急速冷凍庫使用にかかる電気料金が1時間30円、
1回に冷凍できる量は5キロ、
冷凍にかかる時間が1〜2時間

1日の作業時間6時間として計算すると
30日休まず作業して、多くて900キロ 
これに加工に関わる方々の人件費がかります。

できるだけ初期費用を抑えて保管にかかる費用も留意しなければ
冷凍加工したかぼちゃの料金は跳ね上がり、販売していけるのかどうかも危うくなってきます。

さて、どうしたものか・・・

途方に暮れていた時に、
初期費用だけでも抑えられたらと思い浮かんだことは近隣の閉鎖された旅館やホテルなどの空き店舗のこと。
もしかしたら今でも使用可能な冷凍庫付きの空き物件(閉鎖されたレストランや旅館)があるかもしれない!
と、地元に顔のきく、茅野TMO事務局 宮坂事務局長さんに相談しました。
茅野TMOとは茅野の中心市街地活性化委員会(Town Management Organizations)という組織で、駅前を中心とした「新そばまつり」や「エキナカ市」「軽トラ市」などなど、様々なイベントを企画実行しています。私も2年前よりメンバーとして活動しています。

宮坂事務局長さんは代々続く地元の名士というだけでなく、そのお人柄もあり商工会はじめ多種多様の業界の方々にもよく通じている方なので、空き物件などの情報も耳に届いているのではないか、
そしてあわよくば
「地域資源となる糸萱かぼちゃのために、うちの店使っていいよ!」と言ってくれる善意の方をご存じないだろうかと、
期待を抱きながらも半ばダメ元で聞いてみたのです。

すると宮坂さんより思わぬ答え。

「個々で冷凍保管をするより、倉庫を利用してみませんか?
業務用の冷凍倉庫を持っている会社の社長は存じ上げていますよ」

とのこと。

「業務用の冷凍倉庫??」

聞けば1ヶ月 1フレコンで3000円とのこと。
※フレコンとはフレキシブルコンテナの略で、粉末や粒状物の荷物を保管・運搬するための包材のこと。
標準的な容量は100~1,000㎏程度。

安い!!

且つ、初期投資ゼロ、使用しない期間は経費が発生しないと、まさに糸萱かぼちゃ冷凍保管にとってうってつけの条件です!

嬉しい知らせを生産者組合理事会でご報告すると
「すぐに見学させてもらいましょう!」
ということになりました。

そんなわけで
諏訪市公設市場の中にある冷凍倉庫の視察へ行ってきました。

この冷凍倉庫は地元の大手運送会社スワリクさんの所有で
自社貨物の保管管理だけでなく、一般にも利用可能となっています。

次週はマイナス17度の凍える倉庫を管理する
温かいお人柄の社長率いるスワリクさんのご紹介とともに、

糸萱かぼちゃで繋がっていく友達の輪^^

色々な方のご協力で六次産業化への取り組みはまた一歩前へと進んでいきます。

糸萱かぼちゃ 六次産業化に向けてVol.1

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

まだ雪の残る蓼科ですが、小川のせせらぎが柔らかい音に変わってきました。
この水音を聞くと、春を感じます。

さて今朝はまだ少し先のお話ですが、糸萱かぼちゃの収穫後のお話です。

ようやく信州伝統野菜として認知されてきた糸萱かぼちゃですが、
じつは「完売」には程遠い現状があります。
その原因の一つに流通システムが確立していないことが大きいのですが、
他の農産物と同様に長く保存ができない、という当然ながらも厳しい問題があります。

そんなわけで、畑の中で収穫されずに残ってしまったもの、
収穫はされたものの、出荷を待たずに傷んでしまったもの、
また出荷したものの、表面の傷を理由に引き取ってもらえなかったものなど
陽の目をみることのできないものも多々あるのです。

そこで、今年は糸萱かぼちゃを余らせずに販売するぞ!と生産者側の士気が高まり、
六次産業化に向けて取り組むことになりました!!
IMG_5571
↑先月地元の多目的サロン「かやのわ」で開かれた糸萱かぼちゃ生産者組合理事会の様子。今年は女性が多くて活気づいています(^^)

さて、かぼちゃの加工といえば、
煮物などに便利な冷凍のブロックタイプやペースト状のもの、パウダー状のもの、また味付けをしてスープやピューレにするなど色々ありますが・・・

その中で加工の段階で最も素材の持ち味を活かせる加工はなんだと思いますか?

私の知る限りでは
それは、「冷凍する」ということのように思います。
ただし、一般家庭の冷凍庫で凍らせてしまうのではダメなのです。

カットしたかぼちゃを真空状態にし、且つマイナス40度という温度で急速に冷凍することで、素材本来の食感や味わいを損ねずに加工することが大切です。
IMG_5572
↑写真は昨年、試作で作ったパウダー加工、及び加熱したかぼちゃを真空パックし120度で殺菌し、常温保存を可能にしたもの、など。
いずれも加工の費用が高く、販売するには難しいと感じました。また高温にさらされることにより味も落ちてしまいます。

加工して販売するメリットはというと
一つにかぼちゃの旬の時期を過ぎても通年販売することができます。
二つ目に美味しくても表面に傷があるという理由で店頭で売れずに弾かれてしまったかぼちゃを無駄なく販売することができます。
更には購入される方にとってカットされ種が覗かれた状態で入手できるとなると調理の手間を省くことができ助かるとのお声も多々頂いております。

そんなわけで今年は
糸萱かぼちゃの冷凍加工をしてみることになりました。

まず、加工に際して必要なのが急速冷凍庫と真空パック機。
いずれも業務用で安価なものではありません。

さてどうしたものか・・・

助け舟をだしてくださったのが
無農薬で食用ほおずきの栽培に取り組む「八ヶ岳福祉農園」さんです。
こちらは障害者雇用施設の一つで、食用ほおずきの他、各種野菜も栽培し
畑の作業のない時期には事務所に併設の加工場で
冷凍りんごの加工作業などもされています。
IMG_5413

所長の毛塚さん
「作業場も急速冷凍庫も真空パック器も全て共用で使ってくださっていいですよ。」とのこと。

新規に加工場や必要な機材を揃えるには莫大な費用がかかってしまうため、かぼちゃ生産者組合にとってはありがたいお申し出。
所長さんはじめ事業所の皆さんのご厚意にまずは甘えさせていただくことになりました。

八ヶ岳福祉農園の皆さま
本当にありがとうございます!!

しかしながら、ここでまた新たな問題が浮上。

冷凍したかぼちゃ、どこに置こう・・・?

続きはまた改めて・・・^^

それでは今週も週に一度のベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだづくりのために〜

北相木村の亜麻を訪ねて

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先日、北相木村へと出かけてきました。

北相木村は長野県東端にある村です。
北から西、南にかけて佐久穂町、小海町、南相木村に、東は群馬県多野郡上野村に接しています。

人口は約800人ほど。

この村の特色ある取り組みとして「山村留学」というものがあります。
 “山村留学”とは、小学生の子どもが一年間村に滞在し、地元の小学校に通いながら、自然の中での体験や集団生活をとおして、豊かな人間性を養うプログラムです。
 北相木村では、山村留学制度を取り入れて25年になり、これまでに150名以上が北相木の地から巣立っています。名峰八ヶ岳を望む豊かな自然環境と、昔ながらの素朴な村の良さを活かして、都市部からの小学生を、一年を通して受け入れています。四季を通じて、自然体験を中心に、農業体験、各種地域伝統行事に参加し、本来子どもたちの持っている創造性、自主性、自浄能力、忍耐力を養い、四季折々、彩り豊かに変化する一年を暮らす中で、心豊かで、心身ともに健やかでたくましい人間形成を目指します。
また、都市と農村の交流にも役立っています。
(以上、北相木村公式ホームページより抜粋)

私がこの村を訪れた理由は、
山村留学のプログラムの一つに、地元の食材を使ったお料理やお菓子を、親子で楽しむ料理教室ができないだろうかとお話を伺うことでした。


「北相木村ならではの食材って何かないでしょうか?」

村長さんはじめ村役場の方々
「ここらでは全く特別なものはないですねぇ・・・」
「伝統野菜もないし・・・」


「特別なものでなくても無農薬で取り組んでいる作物などないものでしょうか?」

村長さん
「無農薬といえば、亜麻を作っている人に会ってみたらどうですか?
女性たちで頑張っていますよ。」

と、まぁそんな流れで亜麻栽培に取り組まれている女性を訪ねて、やってきたのは「和みの風」です。
「和みの風」は女性の生理用布ナプキンを販売するネットショップを運営している団体です。
主力商品である布ナプキンは一つ一つ手作りで、安心できる良質の素材を使い作成しています。

http://nagomi-kaze.ocnk.net/

現在はオーガニックコットンが中心ですが
ゆくゆくは無農薬の亜麻で繊維を紡ぎ、オーガニックリネンの布ナプキンを作りたいという熱い情熱をお持ちの方々なのです。

聞けば、東京から移り住んだ方々が
北相木村の風土を気に入り、
国内でまだ手がけられていない無農薬で亜麻の栽培に取り組んでいるのだとか。

私自身10年ほど前から布ナプキンを愛用していますが、
当初は使用感よりも何よりゴミが出ないということがとても嬉しかったです。

そして使い続けていくうちに生理期間の不快感がすっかりとなくなったことには驚きました。
不思議なものですが、
本来は吸収するはずのナプキンですが、肌の方もナプキンの成分を吸収してしまうような気がします。
それであれば石油が原料となる紙ナプキンよりもオーガニックの布製品を使用したいと思うのは
おそらく女性なら皆感じることではないでしょうか・・・?

まずはそんな女性ならではの話題から店長の佐藤さんと話が弾みました。

佐藤さん
「実は、繊維を紡ぐほどにはまだ栽培できていないのですが、今年は亜麻の種の活用を2つ考えているんです。」
とのこと。

一つ目には今月1日より販売スタートとなる、観賞用の花を楽しんで頂くための種の販売
ふたつ目は栄養価が高くフラックスシードとして知られる亜麻の種を使ったお菓子の販売。
IMG_5097 (1)
昨年収穫された亜麻の穂。
IMG_5098 (1)
穂先についた種を丁寧に取り出して使います。

そこでお話が更に盛り上がり
多くの方が安心して食べられる食材を使い、美味しくて栄養もたっぷり取れるお菓子を作りましょう!!

ということになりました。

そんなわけで、「山村留学」の話からはそれてしまいましたが
亜麻を使ったお菓子の商品開発に取り組むべく、いざ試作です!

今月中にサンプルを数点作成し、何を商品化するのか関係各者で協議して
販売に向けて準備を進めていきます。

できたお菓子はというと、
まずは「なごみの風」さんのサイトや、北相木村の道の駅や農産物直売所などで販売を予定していますのでお楽しみに(^^)

商品開発の進捗はまた改めてご報告しますね。

週に一度のベジタリアンライフの日も食べていただきたい安心おやつ、作りますよ♪

そうそう、温度管理をして発芽した種を見せていただきました。
IMG_5100 (1)
佐藤さん、種に入ったシャーレを大切そうに
「この子たちがこれから育っていくんです」と嬉しそうな笑顔。
愛情こめて育て上げられる亜麻たちは今年もきっとすくすくと育っていくのでしょう。

今度は栽培期間中に村を訪ねて見ようと、そんなふうに感じました。

それでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだづくりのために〜