週に一度のベジタリアンライフについて(再投稿)

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は、このブログの文末のご挨拶
「週に一度のベジタリアンライフ」について
略して「週一ベジ」が、
なぜ多くの方に実践していただきたいライフスタイルなのかについて
書きたいと思います。

「週一ベジ」(=「週一ベジー」引)の取り組みについて、以下「ベジーマンデージャパン」
http://veggiemonday.japanteam.net/index.htm
のホームページより引用(青字部分)させていただきます。(引用部は「週一ベジー」で表記)

21世紀、地球の環境破壊は、とどまるところを知らずに進
行しています。これを防ぐための最も簡単な方法として、週に一日は菜食にしょうという、「週一ベジー」運動が世界各地に広がっています。

2006年、国連は衝撃的レポート「Livestock’s Long Shadow」を発表し、畜産の環境破壊に警鐘を鳴らしました。
これを受けて、2009年、ポール・マッカートニー氏がイギリスで「ミートフリーマンデー(肉なし月曜日)」キャンペーンを開始。 ほぼ同時期に、ドイツやベルギーでも、「ベジタリアン・サーズデー(菜食の木曜日)」を導入する都市が出現。 そして、すでに2003年から「ミートレスマンデー(肉なし月曜日)」を展開していたアメリカのジョンズホプキンズ大学が、これらの動きに合体する形で、「週一ベジー」国際運動に発展していきました。

上記のように「週一ベジー運動」は地球の環境面から取り組みの始まったものですが
対して、このブログでは「週一ベジ」をライフスタイルに取り入れることで健康に役立つという
スタンスで情報発信してきました。

自身の健康管理に役立つ情報ということが、一番各々の関心が高いことと思いますし
また、環境のことを考えて我慢を強いるという、ネガティブな動機づけではなく
美味しくて体にいいことをしていたら環境にも良かった、という「+」の要素のほうが
習慣になりやすいだろうと考えたためです。

さて、野菜が体にいい、ということは多くの方が認識していることと思いますが、野菜だけ(正確には植物性の食材という枠でとらえ穀物や種子類なども含んでいます)のベジタリアンメニューについては否定的な方もいらっしゃるかと思います。
多くの場合は以下の3つが気になるところなのではないでしょうか?

①野菜だけの食事で、栄養が足りるのか?
といった健康面の心配

②美味しいのだろうか??
という食味の不安

そして
③お腹がいっぱいになるの(食事として足りるのか)???
といった生存本能からくるダイレクトな杞憂、といったところでしょうか

今回は、①について
私なりの考察をまとめました。

「野菜だけの食事で、栄養が足りるのか」
という問いについて
バランスのとれた食事を推奨する現代の栄養学ではNOというでしょう。
また、ナチュラルハイジーンなどの考えではYESというでしょう。

私としてはYESであってほしいという願望的な回答となります。

どういうことかと言いますと、

正しい情報かどうかの精査は読者の方々にお任せしますが
私の知りえる限り、食事は、野菜だけ、または肉だけ、または魚だけ、で足りることもあり得る、
逆に、偏らずバランスのとれた食事で、体調を壊すこともあり得る、という事実があるようだからです。

ただし菜食や肉食などの偏食の場合、そこには目に見えぬ部分のバランスが整っていることが条件になると考えています。
つまり微量栄養素のビタミン・ミネラルのバランスです。

それにプラスして、それらを取り入れる人の腸内環境や血液の質の状態も大切だと思います。

また、人種や性別、年齢及び生活環境の違いなどでも変わってくるのではないかと思うのです。

菜食でも、肉食でも、大切なのはビタミン・ミネラルを奪う食事をしないことではないかと考えています。

ビタミン・ミネラルを奪う食事をしないために、具体的に気をつけたいことを挙げると

①白砂糖や化学調味料、人工甘味料を避ける
②加工食品(悪い油脂や上記の物が含まれている物が多い)を避ける
③スナック菓子やコンビニ食を避ける、
④アルコールやカフェインなど刺激物を含む嗜好品を避ける
⑤ジャンクフードを避ける
⑥主食は完全に精製された米、小麦製品、その他穀物を避ける
(具体的には白いパンや、パスタ、うどん、ラーメン、そのほか多数)
⑦清涼飲料水や濃縮還元ジュースを避ける
などなど

思いつくだけでもこれだけあり、挙げればきりがないのでこの辺で。
こういった「○○をしない」「○○を食べない」逆に
「○○を摂ると良い」「○○をすると良い」という情報は巷に多く流れていますが、
健康を考える時に一番大切なのは
ステレオタイプの情報を鵜呑みにして、すぐに取り入れるのではなく
様々な情報を収集し自分なりに調べて考えること、
また、自分の体質や体調と照らし合わせて、
自分自身の体をよく観察することではないかと思うのです。

生活習慣病とはその名前の通り
体質に合わない食生活や運動不足と言った日常が続くことで発症します。

別の見方をすれば、食事は一朝一夕ですぐに体調が変わるというような劇的な効果はない反面
副作用なく続けられる、安全でおいしい薬です。

昔、中国の医者の階位は治療を施す医者よりも食事を指導する食医の方が上だったそうです。

医食同源、という言葉もありますね。

生活習慣病を発症して、一生病院と薬のお世話になる、
または手術と辛い治療を受けるなどは
心身だけでなく経済的にも負担をかけることとなります。

それよりも日々の食事の質を高くして
無農薬の野菜を購入したり、無添加の調味料で料理をしたりと、最初は出費が気になるかもしれませんが
長い目で見ると、治療代がかからなくなったり
外食の頻度が減っていったりと、逆にお財布にも優しいことに気付かれることでしょう。

私からの「週に一度のベジタリアンライフ」の提案は
実践者一人一人が、それぞれの健康的な食事を模索するきっかけとなり
そして継続することで快適なからだづくりをサポートできれば、という思いで続けています。

さて次回は②の回答
「ベジタリアンメニューは美味しいのか」について、
美味しい情報満載でお伝えしていきたいと思いますヽ(^o^)丿

連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14806
↑現在は冬野菜の常備菜特集です!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

毎日の朝ごはん2018/1〜2月

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は、1月21日からインスタグラムで情報発信している私の朝ごはんについて、まとめの記事にしてご紹介していきます。
一月に一度はブログの方でもご紹介していこうかと思っています。

私の場合大体はパターン化されており日常のことなので手間や片付けが簡単なものが多いです。
作り置きのおかずを多用し且つ、大皿に全て盛り付けるスタイルです。
基本的には週に1度は終日ベジタリアンの日としており、週に3日くらいは朝だけ、もしくは朝昼だけベジというスタイルが定着しています。

また朝昼兼用のブランチであることが多いです。

それでは見ていきましょう!

〈ベジの日〉

酵素玄米ごはん、常備菜の人参と大根の紅白炒め、ひじきの煮物、サラダ代わりにアボガドと納豆の醤油和え、自家製たくあん
〈ベジの日〉

カレーも好きでよく頂きます。(写真は私がレシピを監修して作ったレトルトの「ビジンサマカレー」。今年はいよいよ小売スタートです!)
酵素玄米ごはん、ビジンサマカレー、常備菜の人参と大根の紅白炒め、ひじきの煮物、信州鞍掛豆のひたし豆
 
〈ベジではない日〉

酵素玄米ごはん、常備菜の切干大根、ほうれん草のくるみあえ、出汁をとったあとの昆布の生姜炒め、温泉卵(沸騰したお湯に卵を入れて蓋をし、暫し待つこと20分程度で温かい出来たての温泉卵ができます!)
〈ベジではない日〉

酵素玄米ごはん、野菜の煮物、自家製たくあん、温泉卵
基本はお米です。
ベジの日は酵素玄米ごはんに常備菜2〜3種類、サラダや漬物など生食の野菜が加わります。
ベジではない日は調理が楽な温泉卵や目玉焼きをよく作ります。
卵は地元で平飼いにされた卵を買うようにしています。
私が良く購入させていただいているのは縄文農園さん。
縄文農園さんでは軍鶏を平飼いで育てて卵の販売をしています。

パンは、昔は自分で焼いていましたが現在は「カルパ」さんで購入しています。
カルパさんは上田市の「ルヴァン」で修行され茅野市で独立をしました。パンで使う小麦粉は上田市で無農薬で栽培されたものを自家製粉し、自家製天然酵母を使って焼き上げています。私は全粒粉を使ったカンパーニュをよく購入させていただいています。
〈ベジの日〉

カンパーニュ(ココナッツオイル、生はちみつ)、きのことじゃがいものポタージュスープ、常備菜の紅芯大根の酢漬け、切り干し大根の煮物(カルパさんのパンはわのおかずとも相性が良いです!)、信州鞍掛豆のひたし豆
〈ベジの日〉

カンパーニュ(ココナッツオイル、生はちみつ)、小松菜とじゃがいものポタージュ(ココナッツクリーム仕上げ)、人参ラペサラダ
〈ベジではない日〉

カンパーニュ(チーズとバター、生はちみつ)目玉焼き、フルーツ、写真には写っていませんが、きのこのポタージュと人参ラペサラダ
※パンの場合、スープやお味噌汁などを一緒に摂るようにこころがけています。
※ベジの日にはココナッツオイル、ベジでない日はバターやチーズを付けて卵料理もいただきます。
※スープはポタージュが好きでよく作りますが、他には夕飯の残りでお鍋の材料が残っていたりすると、ブイヤベース風のスープに仕上げたり、潮汁にして頂いたりもします。

また時間がない時、お昼が外食となるときなどはフルーツだけ、フルーツとナッツだけといった日もあります。

時間がある時には食事の前にサラダを作り、先にサラダを食べてから食事を摂るようにしています。

塩麹漬けにした白菜とアボガドのサラダ。レモンとオリーブオイルで。


塩麹漬け白菜(サラダとして食べられるように塩加減を控えたっぷり食べます。)


人参ラペサラダは大好きなサラダ。レーズンは必ず。あとはナッツ類を加えることが多いです。人参に軽く塩を振りしばらくおいてからバルサミコ酢などフルーツビネガーとオリーブオイルで仕上げます。私の常備菜のサラダ。

いかがでしたか?

健康管理士、また食育アドバイザーとしての知識を活かし、食事は日々大切にしています。
とはいえ、外食の日も多くありますし、そうした場合は前後で食べる量や栄養バランスの調整をするように心がけています。
こうした情報公開が少しでも皆さまの健康管理に役立つ情報となれば嬉しいです。
また、週に一度のベジタリアンライフ実践の際のメニューの参考になればと思っています。

連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14806
↑現在は冬野菜の常備菜特集です!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

映画「シュガーブルース」上映のお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今日は「シュガーブルース」という映画上映会のお知らせです。

今回は茅野市での上映となります。
実は私、またこの作品を見ていないのですが、
ストーリーを読んでみて非常に共感したこと、
そしてこの映画を制作した監督(女性)と同じように私にできる形で同じことを伝えたいと思い、
上映会で白砂糖不使用のお菓子を配りたいので作っていくれないかという依頼があった時に
「ぜひ作らせて下さい!」と意気込んだ次第です。

上映会、及び映画の内容の詳細については
以下に上映会主宰者の記事を引用しましたのでどうぞお読み下さい。

【シュガーブルース上映会】

2018年3月4日(日曜日)

場所: ゆいわーく茅野

時間: 午前の部 開場10時  開演10時半
    午後の部 開場13時半 開演14時
    (82分 日本語字幕)

チケット: 前売り券 1000円 当日券 1200円
      こども 500円(小学生から高校生まで)
      託児:2歳以上 500円
         ※事前お申し込みをお願いいたします
●白砂糖不使用の3種のお菓子をプレゼント!!●

〔チケット販売・お問い合わせ先〕

cafe ZO  0266-77-2800 高橋かおる
のいちご会 090-9664-7928 伊藤美穂子
gallery yt 0266-77-3033 高橋由美子
sincerely 0266-82-0128 藤森朋子

それは、食卓で始める「無血の革命」!
誰もが気になる《砂糖と健康》の問題を追及するドキュメンタリー映画が、チェコから登場。

『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』
監督:アンドレア・ツルコヴァー

妊娠糖尿病を告げられた女性映画監督が、家族と共に砂糖と闘った5年間。
女性の視点によるセルフ・ドキュメンタリーの新たな傑作!

【ストーリー】
妊娠糖尿病を告げられた映画監督のアンドレアは、不安に駆られると共に、生活から砂糖を取り除くことの困難さに直面する。でも、精製された砂糖ってそんなに身体に悪いものなの?キッチンから始まった彼女の探究は、砂糖の秘密と真実を次々に明らかにしてゆく。
ビデオカメラ片手に勇ましく砂糖業界にも切り込む彼女だが、一方で働く母親としての悩みは尽きず、子供の発達に妊娠糖尿病が影響を及ぼしたのではないかという懸念もぬぐえない。砂糖産業の発展がもたらした様々な問題に気付いたアンドレアは、家族の協力を得て砂糖の危険性を訴える行動を始める。

【特徴】
◎子どもの健康を心配する1人の働く母親である女性監督が、自らの家族の生活と、行動する姿を5年間に渡り記録した、究極のセルフ・ドキュメンタリー。
◎ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、3大陸8ヶ国を巡って、科学者や研究者、医師、糖尿病の患者、健康食を推奨する人たち、政治家、食品関係のジャーナリストや弁護士、砂糖業界の関係者らを取材。精製された砂糖が身体と精神に及ぼす作用を探り、砂糖の歴史をひも解き、多国籍企業と医療関係者、政治家らが一体となった強大な砂糖業界の闇に迫る。
◎監督のアンドレア・ツルコヴァーはチェコ共和国出身のドキュメンタリー映画作家。その作品はチェコ国内の主要なドキュメンタリー映画賞を受賞。本作を含め様々な国際映画祭でノミネートの実績がある。

映画公式HP www.sugar-blues.com

以上

上記にある、プレゼントとなっている白砂糖不使用のお菓子、今回の作りては三名。
そのうちの一人が私です^^
と~ってもリッチな味わいのCafe楢Oakの米粉のガトーショコラをご用意する予定です。

映画だけでなくお菓子のおプレゼントもついて前売り券は1000円!
3月4日は「ゆいわーく茅野」で、甘くてこわーい?!映画鑑賞しませんか?

さて
今週の週一ベジの日のメニューに迷ったらこちら↓
連載中のCREA WEBをチェックしてみてくださいね!
http://crea.bunshun.jp/category/gourmet-007
現在公開中のレシピはダブル大根のサラダです。

こちらもご参考になれば。
日々の私の朝ごはんインスタグラムで情報発信中。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週もどこかで
週に一度のベジタリアンライフしてみませんか?

白砂糖をやめることもベジタリアンライフの実践も難しいかもしれませんが、
私は、まず週に一度のベジタリアンライフの日に白砂糖をやめる!ということを常々お勧めしています。

美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

「ビジンサマレター」準備中!

こんばんは。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

本日は私が代表をつとめる一般社団法人蓼科塾からのお知らせです。

蓼科塾では今年
「ビジンサマレター」というウェブサイトを立ち上げることとなりました。
このサイトでは、私だけでなくメンバーたちにも寄稿してもらい盛り上げていきたいと思っています。

蓼科からの情報発信の他、 ベジビジンレシピの公開、メンバーたちによる、全国はたまた世界各地で見つけてきた「ほっと安らげる」情報、ビジンサマカレーの注文ページなどを盛り込んで行く予定ですよ^^

ところで今まで蓼科塾では
ビジンサマ・マルシェのプロデュースや
ビジンサマカレーの製造販売、
ベジビジンランチ(ベジタブルとビジンサマとを組み合わせたベジタリアン対応メニュー)のメニュー開発などを手がけてきました。
いずれも蓼科山に住むという「ビジンサマ」にあやかってつけたネーミングです。

ビジンサマを見た日、人は山仕事を休むという言い伝えからどうやら休む神様だと言われているビジンサマ
女性なのか男性なのかはわかりませんが、
心身ともに「休む」ことが健康的なライフスタイルのために大切だということは昔も今も変わりません。

とくに現代はデジタルデトックスなどという言葉も出てきているくらいデジタル化の世の中で、休憩中や休日でも常に何かに追われているような方も多いのではないでしょうか?

私自身もその一人で、ネット環境が整った場所では常にメールの返信に追われてしまいます。
(繋がらなければ潔くやりませんが)

ところで便利なメールやチャットと言った通信手段ですが、入力された文字だけではどうしても行き違いと言うか、真意が伝わらないといったことがあります。
絵文字やスタンプを仕事でも使うことができれば良いのでしょうが、そういうことが出来ない状況も多々あります。

メール〈 電話 〈 電話会議〈 対面
とコミュニケーションの手段は五感が刺激されることで、真意が伝わる度合いが上がるような気がします。

そんなわけで相手の体温が感じられるコミュニケーションが今後もっと見直されてくるのではないかなと思っています。

さて、コミュニケーションは対面が一番!という持論とは相反するようですが「ビジンサマレター」では、対面で感じられる温もりをお届けできるような、そんなサイトにしていきたいと思っています。

どうぞご期待くださいね!

さてさてそれでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

週一ベジのメニューに迷ったらこちら↓
連載中のCREA WEBをチェックしてみてくださいね!
http://crea.bunshun.jp/category/gourmet-007

日々の私の朝ごはんインスタグラムで情報発信中。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

最近の投稿