生はちみつについて(再投稿)

おはようございます。
地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は私が愛用している、安曇野にある「はぴ農園」さんの蜂蜜をご紹介します。
20150819_064753

こちらの蜂蜜は数十万匹の蜂たちが昼夜働き続けて、巣の中で熟成させるのを待って作られるため大量生産ができません。
糖度が一番高くなる早朝に蜂蜜を採取して、添加物や加熱処理を一切加えずに一つ一つビンに詰めている、
本当に貴重な生の蜂蜜です。

古来より蜂蜜は健康食品や自然薬、美容アイテムとしてとして人々の暮らしの中で用いられてきました。
旧約聖書には「心地良い言葉は、蜂蜜のように魂に甘く、身体を健やかにする」と書かれていることから
蜂蜜はその味わいで味覚を満足させてくれるだけでなく、含まれる150種類以上もの栄養成分によって人々の病や怪我を治す薬だったことがうかがえます。

ただし、その効能は加熱をされ酵素が壊れてしまうことで失われてしまいます。

現在、残念なことに一般に販売されている蜂蜜のほとんどは、加熱殺菌されているため、蜂蜜の持つ酵素がなくなってしまっているようです。

さて、では生蜂蜜は実際に蜂蜜の持つとされる薬効成分があるのでしょうか?

まずは抗炎症薬としての効果があるというので、虫刺されの傷に塗ってみました。
もともと私は皮膚が薄く肌の色も白いため、蚊に刺されると赤く腫れて治りも遅いのですが
驚いたことにかゆみが引き、腫れませんでした。

次に傷薬として利用してみました。
猫とじゃれていてうっかり引っ掻かれた傷痕に試してみると
こちらも腫れずに翌日には治りかけていました。

普通の消毒薬のようにしみたりしないので使いやすいことも魅力的です。。
そんなわけで、はぴ農園さんの生蜂蜜は食品庫にありながら私の万能常備薬となっています(^^)

もちろん、病院で処方されるものではないので、皆さんにお薬として使ってみてくださいとは言えませんが
食用としても酵素を取り入れることでさまざまな美容効果も期待できますし、リップクリーム代わりに使うと美味しくってとても幸せな気分になります。
また保湿効果も高いため、乾燥しがちな目元に使ったりと、実は化粧品としても大活用しています。
なんといっても美味しいので、
私の朝はまずスプーン1杯の蜂蜜を舐めて、こころと体にエネルギーチャージ。

20150819_064833

そんな生の蜂蜜の美味しさを知ってもらえたらと
今回ご紹介させていただきました(#^.^#)

興味のある方はぜひお求めになってみてくださいね。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hapi/

https://www.facebook.com/pages/Hapi-Farm-Azumino-Shinshu/1590751817817775

はぴ農園 安曇野信州
代表 保坂 俊幸 090-8492-4340
hapi.miele@gmail.com

また現在は蓼科でも生はちみつが販売されていることを知り、こちらも愛用しています。
株式会社ビーマネージメントさんの販売する縄文蜂蜜。
http://www.bee-management.com/
https://www.facebook.com/beemanagement83/
こちらの商品は鹿島リゾート株式会社さまの鹿島南蓼科ゴルフコース
ゴルフ場クラブハウスでも地産地消のお土産品として購入することができます。

ぜひ、本物のはちみつ
生はちみつを生活に取り入れて、健康的なライフスタイルを送ってくださいね^^

・・・・・
連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/15049
現在は、菜の花とお豆腐の常備菜。お弁当にもお勧めです!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。↓
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週もどこかで

週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく楽しく快適なからだ作りのために~

ワークラボ八ヶ岳オープニングイベントのお知らせ

こんにちは。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

本日は4月1日にオープンする茅野市のコワーキングスペース
ワークラボ八ヶ岳と同施設のオープニングイベントのご紹介です。
https://www.facebook.com/worklabyatsugatake/
ワークラボ八ヶ岳では
事前契約が必要なオフィススペースやワークブース以外に気軽に利用できる共有スペースの座席や、レンタル会議室・レンタルキッチンを併設しています。
そして全ての利用者が
wifi環境が整備された中でgoogleのChromebookが無料でレンタルできます。
また飲食物を持ち込むことが出来る他、利用者専用のミニキッチンでお湯を沸かしたりお惣菜を温めたりといった簡単な調理も可能です。
それだけでなく茅野駅に直結したショッピング施設の「ベルビア」内にあるため、電車の待ち時間に利用したりと使い勝手がとても良さそうですよ。

と、簡単に施設のご案内とPRをさせていただきましたのには訳があり(笑)
3月30日(金)31日(土)と2日間にわたって開催されるオープニングイベントの中で
初日の30日に私はミニ料理教室を担当させていただきます。

簡単な手順で作ることの出来るスイーツ3種
①ショコラボール
②豆腐と黒ごまのババロア
③チアシードとココナッツクリームのぜんざい
以上をデモンストレーションでお伝えする他ご試食もご用意いたします。

既にお料理教室の方は定員に達しているようですが
午後14時30分からの施設見学会では
無農薬栽培レタスと食用ホオズキのビジンサマスムージーや、
発酵マイスターによる手作りの甘酒の振る舞いを併せて200名様分ご用意してお待ちしています。

こちらは予約制ではなく先着順となっておりますので、会場へはお早めに足をお運びくださいね。

・・・・・

連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14885
↑現在は刻んで混ぜるだけ、味付け不要の簡単レシピ新玉ねぎの納豆和えです!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

「週に一度のベジタリアンライフ」についてvol.3(再投稿)

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

2週つづけて「週に一度のベジタリアンライフ」について私なりの考察を書かせていただきましたが、今週はその最終回

ベジタリアンメニューはお腹(心)を満たすのか、について

美味しい食べ物は、食べる人を幸せな気分にしてくれるものですが
食べたいものを食べる、好きなものだけを食べる、
食べたい時にいつでも食べる・・・

という欲求でものを口に入れていると

必要な栄養素以上に嗜好品(甘いものやカフェイン、アルコール、ジャンクフードなど)を取り過ぎてしまう傾向があります。

体というものは本来必要な栄養素(ビタミンやミネラルを含んだ、タンパク質、脂質、炭水化物)が足りていると、食欲は抑えられるものですが
嗜好品というのは、そうした食欲の本能を乱してしまう性質のものが多く
その結果、肥満や生活習慣病へとつながってしまいます。

大切なことは嗜好品の誘惑に負けないこと。

と言っても、
疲れた時の甘いものや、休憩時の香り高いコーヒーや紅茶
仕事後の一杯など、すべて我慢するということはストレスがたまるという方も多いことでしょう。

わかります!

そういう方にこそお勧めしたいライフスタイルが
「週に一度のベジタリアンライフ」です。

この日の食事は「植物性だけの食材をとる」ということにプラスして
いつものお砂糖の入ったジュースやお菓子、コーヒーなどのカフェインを含む飲料、
アルコールなども併せて摂らない日、とするのです。

そうすると、食事だけで栄養素を取り込むことができるので

過度な空腹や食欲に悩まされずに、まさにお腹も心も満たされた一日を過ごすことができるでしょう。

週のうち、ライフスタイルを見直す日ともなり、
翌日の、心や体の変化から、生活習慣を改善するきっかけにもなるかもしれません。
食事の見直しですぐに体に劇的な変化は出ませんが、
メンタル面の改革が促され
毎日の食べ物を選ぶ選択基準も変わってくることと思います。

そうなるとだんだんと体に変化も出てきます。

まずは、週に一度のベジタリアンライフ、はじめてみませんか?
連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14885
↑現在は刻んで混ぜるだけ、味付け不要の簡単レシピ新玉ねぎの納豆和えです!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために

「週に一度のベジタリアンライフ」についてvol2(再投稿)

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先週の内容に続き
「週一ベジタリアンライフの勧め」の考察の続き
「ベジタリアンメニューは美味しいのか?」という疑問についての回答です。

これは、どんなお料理にも言えることですが、
愛情をこめて丁寧に作られたものは美味しい。

お肉やお魚も、焼きすぎてしまったり味付けがイマイチだとしたら
美味しくないものです。

だからと言って安易に化学調味料を使ったり、
電子レンジで温めるだけで食べることのできるお料理というのは
尚更いただけませんが・・・

とにもかくにも
ベジタリアンメニューも他のお料理同様、
作り手の気持ちや調理の腕に左右され美味しくもなり
まずくもなります。

またベジタリアンメニューを作る料理人にとって
見た目(肉や魚、卵に見立てる)や食感の物足りなさをどうフォローするか、濃厚さや奥深い味わいを何から引き出すか
などが智恵の出しどころとなります。

まずは「週一ベジー」を8割の公立の学校給食で取りいれているという台湾のメニューをご紹介します。
ベジタリアンメニューのビュッフェです。

お刺身に見えるお料理、卵焼きに見えるお料理はそれぞれ
寒天と野菜を使ったもの、コンニャクを使ったもの、湯葉を使ったものなど工夫を凝らされた楽しい「もどき」メニュー

こちらも全てオールベジ

美味しそうですね!
豚の角煮のように厚揚げが煮込まれていたり、コンニャクや大豆の食感を活かして加工されたお肉もどきが使われたりしていました。
このように台湾では目から騙す(楽しませる)工夫が積極的に行われているように感じました。

さて、「週一ベジー」導入国のヨーロッパ諸国やアメリカはというと
私自身は視察へは行っていないので実際のところはわかりませんが
聞くところによると、あまりメニューは充実しておらず、
サラダやフルーツ、シリアルなどが中心とのことでした。

日本では、色々と美味しいベジタリアンレストランやベジタリアンメニューに対応してくれるレストランも増えていますが
私もベジ料理の専門家!
というわけで次は私のお料理のご紹介も兼ねて
ベジタリアンメニューの魅力をお伝えしたいと思います。

「蓼科の四季」シリーズ 早春より
お豆腐クリームとおからのジェノワーズ(スポンジ)生地で作ったデコレーションケーキ
<img class=”alignleft size-medium wp-image-3279″ src=”http://www.cafe-oak.net/information/wp-content/uploads/2016/04/6c9f3dd91f56393582f9f4af17fd7b75-300×168.jpg” alt=”撮影セット (640×360)” width=”300″ height=”168″ />

「蓼科の四季」シリーズ 夏より
夏野菜と大豆ミートのカチャトーラ(猟師風トマト煮込み) 撮影:秋元良平さん
<img class=”alignleft size-medium wp-image-3280″ src=”http://www.cafe-oak.net/information/wp-content/uploads/2016/04/e0b926f0e5132161fde29f34edc2be2d-300×199.jpg” alt=”2013.07.24オーク 255a” width=”300″ height=”199″ />

ブラウンライスコロッケ サフランソース
<img class=”alignleft size-medium wp-image-3281″ src=”http://www.cafe-oak.net/information/wp-content/uploads/2016/04/20131206_182142-300×168.jpg” alt=”20131206_182142″ width=”300″ height=”168″ />

「蓼科の四季」シリーズ 夏より
お豆腐のアイスクリーム ブルーベリーソース 撮影:秋元良平さん
<img class=”alignleft size-medium wp-image-3282″ src=”http://www.cafe-oak.net/information/wp-content/uploads/2016/04/04fddc84cc06076da422992804f3d0db-300×450.jpg” alt=”2013.07.24オーク 327ab” width=”300″ height=”450″ />

などなど

いかがでしたか?

全て、お肉やお魚、卵、乳製品、そして精製された白いお砂糖を使わずに作った料理にスイーツです。

これは何の野菜のお料理なのかな? とか
豆腐のこんな使い方があったのか! とか

目で楽しみ、味に期待を寄せてわくわくする気持ちも美味しさの一つですよね。
他にも親しい人と食事を共にするとか
キャンドルをともして素敵な雰囲気の中で頂くとか

ベジタリアンメニューがお好きな方も
またそうでない方も、
まだ召し上がったことのない方も

今回のメニューのご紹介で
「週に一度のベジタリアンライフ」を始めてみようかな、
と思われたら
まずはいつもと違ったシチュエーション作りをしてみると
ますます美味しく楽しく感じられると思いますよ(#^.^#)

連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14885
↑現在は刻んで混ぜるだけ、味付け不要の簡単レシピ新玉ねぎの納豆和えです!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

そんなわけで今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

最近の投稿