蓼科中央高原ファーマーズマーケットのお知らせ

いよいよ夏休みがスタートしましたね。

夏は、高原野菜のシーズン!
トマトやキュウリ、なす、レタス類、ズッキーニ、かぼちゃなどの野菜のほか
ブルーベリー、スイカやメロンなどフルーツも採れます。

↓写真は我が家の裏口にある小さな果樹園のぶどう棚。
IMG_7036
品種はナイヤガラ。
Cafe楢Oakでお出ししているストレートの白ぶどうジュースに使われている品種でワインにもなるものです。
残念ながらジュースやワインにできるほどは採れないでしょうが、今年初のブドウ栽培、収穫が今からとても楽しみです。

こちらはこの夏からスタートした蓼科中央高原ファーマーズマーケットの様子。
IMG_6949

IMG_6950

IMG_6951

場所は国道299号線沿い 蓼科ビレッジ入口近くにある「遊楽庵」というお蕎麦屋さんの敷地です。
9月までの毎週土日 朝9時から11時位まで(なくなり次第終了)
http://www.yokoyaonsen.com/yurakuan.html

ところで知っていましたか?
無農薬野菜や有機栽培野菜を作っていても
栽培地(特に広さ)や栽培年数などの基準に満たないものは、そうした表記してはいけないという決まりがあります。

つまり、小さい畑で、自家栽培用に無農薬野菜を作っている方が
余ったものを「無農薬野菜」として売ることは実質できません。

商品として取引される農産物は、規定の肥料や薬を用いて見た目やサイズなど同一のものが優先されるため店頭にはそうしたものが並ぶのです。

でも、蓼科中央高原ファーマーズマーケットに並ぶ野菜は違います!
「安心・安全」なものを家族に食べてもらいたいと、小さな畑で無農薬で作った野菜たち
そんな愛情たっぷりの野菜、自分たちで消費しきれないものを、出荷はできない、ならば自分たちで売る場所を作ってしまおう!とはじまった直売所です。

作り手は、蓼科が好きで他県から移住してきた方や地元の方、二地域居住の方など色々です。
思いは一つ。
自分たちが食べたいと思う安心・安全なおいしい野菜をお届けしたい!

「無農薬」という表示はできなくても、そうした思いが伝わればいいなと思っています。
まずは蓼科中央高原ファーマーズマーケットに足を運んでみてくださいね。

生産者の方々から直に購入することで生まれる信頼関係も野菜を更に美味しくしてくれるはず。

そしてお買い物の後にはぜひ蓼科乗馬ファームで乗馬をお楽しみください。

たっぷり汗をかいてのどが渇いたら当カフェへ

そうそう、今年は近くの東急リゾートサービスさまでアスレチックやグランピングが楽しめる場所ができました!
その名も「もりぐらし」
https://www.morigurashi.com/
IMG_7018

IMG_7024

アスレチックを私も体験しましたが、樹上をワイヤー伝いに歩くコース、スリリングでとても楽しかったです。
また高いところからの景色はとにかく気持ちがいい!
4コースをフルに体験すると2〜3時間はかかりますが、1コースからの体験もできるそうです。
お時間や体力に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか^^

それでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜