2017食育vol3

おはようございます。
地産地消料理研究家の中村恭子です。

先週の金曜日に地元小学校での料理クラブの授業に行ってきました。

3回目となる今回は
今が旬の「とうもろこし」を使った蒸しパン作り。

今回は夏らしくカレー味の蒸しパンです。

地粉に米粉、カレー粉、ベーキングパウダーなどの粉類を混ぜて、豆乳やオイルを加えて練らないように混ぜ合わせたら
蒸気のあがった蒸し器に入れて15分強火で蒸して出来上がりです。

さて、この日は皆だんだん蒸しパンづくりに慣れてきて、少し時間に余裕がでてきたので
お持ち帰り用の袋に絵を描いてもらうことにしました。


「絵でも言葉でも、プレゼントしたい人へのメッセージでも好きなものを描いてね!」
生徒たち
「えー、何描こう?」
「どうしようー」
「何描いたらいいですか?」

とワイワイ、ガヤガヤ。
仕方なく、絵心もなく、可愛い文字を描くことも苦手な私ですが、
まずはお手本を作成、
「for you❤」と書いて見せました。

生徒たち
「どういう意味??」

「(あげたい人を思って)あなたのために❤というような感じ」
と伝えると
生徒たち
「へー」
「ほー」
と、何やら感心した様子で 笑

早速オリジナルの袋作りがスタート!!
IMG_7434

IMG_7437 (1)
↑右上の「for you❤」が私の描いた一応「お手本」ですが、
ご覧の通りお手本なんてかすんでしまうくらいの大作が次々と出来上がってきました。

IMG_7440

IMG_7441

IMG_7442

IMG_7441

IMG_7439
一人の男の子が
「絵じゃなくてもいい?」
と聞くので
「うん、好きな言葉でもいいよね」
というと、真剣な様子でペンを取り袋に書いたのがこちら。↓
IMG_7436
これを見て私は温かい気持ちとともに、ちょっと切ないような気持ちがこみ上げてきて
思わずホロリとしてしまいそうになりました。

そんな気持ちになったのは秋のせいかもしれませんね。
ここ蓼科では朝晩の冷え込みだけでなく、色づいた葉がちらほら見られたりと秋の気配が日々感じられます。

さて、秋といえば実りの季節!
次回はいよいよ糸萱かぼちゃを使った蒸しパン作りを予定しています。
通常かぼちゃは土手など水はけの良い土地が良いものですが、夏の長雨もなんのそので、今年もとても美味しい出来だとか。そんなわけできっと美味しい蒸しパンが出来上がることでしょう。
IMG_7475

写真は蓼科中央高原ファーマーズマーケットで販売されていた糸萱かぼちゃ。
※メルヘン街道沿いのお蕎麦屋さん「遊樂庵」さんの入口で9月中旬まで毎週土日(朝8時半から11時位まで)開催しています!
こちらには生産者さんが自家用に栽培した安心なお野菜が並んでいます。

おやつにも軽食にもぴったりな蒸しパンで
週に一度のベジタリアンライフ、いかがですか?
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜