食ビジネス創業セミナー開催のご報告

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝はご報告から。

先週の土曜日、富士見町のコワーキングスペース森のオフィスで
長野県創業支援先進モデル創造事業
食ビジネス創業セミナーが開催されました。

ここで私は
食ビジネスでおさえておくべきポイントというテーマで
1、食の販売ビジネスをする時にどんなやり方があるのか
2,地元の食材を使った商品開発のポイント
3,食のイベントについて
4,食の販売ビジネスを始める方へのアドバイス
という、4つの項目で30分程度のお話をさせていただきました。
22766485_10203635470044839_1202969617_o22751314_10203635470164842_1853526663_o
具体的には
営業許可の取得方法や、シェアキッチンの活用法、
ブランド力のある商品開発のポイント
食のイベントについては、主宰する立場から出店者の立場まで私の経験談
をお話しました。

私の後に、
株式会社ベジパングの代表取締役 折井祐介さんが
自身が栽培を手がける「メロンより甘い生トウモロコシ」を紹介してブランディングのポイントについてお話をされました。
その後は森のオフィスを運営されている津田さんを交えてのトークセッションと参加者から講師陣への質疑応答
22712074_10203635470804858_258991666_o

トークセッション終了後のランチ懇親会では
私が代表を務める一般社団法人蓼科塾のビジンサマカレーを
皆さまに召し上がっていただき、
&お土産にCafe楢Oakの米粉のガトーショコラをご用意しました。

どちらもグルテンフリー、シュガーフリー、動物性食材フリーのもので
来場者の方々の中にはそうしたお料理やお菓子に関心がない方、ご存じない方々も多くいらっしゃいましたが
小さなお子様からご年配の方にまで「美味しい」と言っていただき、残さず完食していただけて
とても嬉しかったです。

ところで、
このセミナーを通じて私が一番お伝えしたかったのは
これから食で起業をしようと思っている方々へのメッセージ。

スライド資料の最後のページにのせた言葉です。

「食べることは生きること。食のビジネスに関わる責任を持つことが大切」

食=生きること、と捉えてビジネスとしている企業は少ないように感じられる昨今
これから始める方にはまず、その部分を認識していただきたいと思っています。
さて、
今週末は来年新しくオープンを予定しているお店のメニューの試食会を控えています。

そのお店の情報はまた改めて。。。

まずは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

写真提供:株式会社ヒトヒトプロモーション

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の投稿