師走間近の出来事あれこれ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

ここ蓼科では先日初雪が降り、早くも積雪しました。
いよいよ長い冬の始まりです。

今朝のブログは、そんな中での日常のあれこれ。
11月末の出来事をまとめてみました。

まずは
茅野商工会議所が主催したボジョレー・ヌーボーパーティへ。
毎年恒例の商工会議所の会員の方々とそのご家族の方々を対象としたパーティです。
私は今年が初の参加。

当店の焼き菓子を納品しているカフェ天香のオーナー香さんのお誘いで
ゲストではなく出店者として参加してきました。
今回はカフェ天香で販売しているどんぐり酵素ジュースやどんぐり粉に加えて
当店の焼き菓子を販売。
※カフェ天香は「信州どんぐりプロジェクト」の拠点で、どんぐり粉関連の商品を取り扱っています。


会場は300人を超えるお客様で大賑わい。

地元で人気の馬もつ煮込「ながた屋」の長田さん
この日は「牛すじ煮」で参加されていました。

なぜか、一緒にエディブルフラワー。
インスタ映え効果があるとかで女性のお客様に好評だそうです。笑

ところ変わってこちらは
自家製豆腐の「ゆば工房蓼科びーんず」オーナー有浦順子さんのお店。
古民家「かもすや」さんにて。
こちらでは完全予約制でお豆腐と湯葉のコース料理がいただけます。
これぞおふくろの味、という誰もがほっとする味わいのお料理の数々が出てきます。

写真はホタテと蓮根しんじょの湯葉巻き揚げ

こだわりの豆腐と湯葉を使ったコース料理が3000円とリーズナブルなのは
豆腐と湯葉が自家製で、且つオーナーご自身の手で調理からサービスまで手がけているから。
そのため昼も夜も完全予約制となっています。
電話:090-5444-4086
※住所:茅野市豊平 お店の場所の詳細は予約時にお尋ね下さい。

この日は「かもすや」さんで来年の夏新しくオープンを予定しているレストランの打ち合わせ。

写真左からレストランオーナー百瀬さん、設計事務所の社長 宮坂さん、長野県の認定するエコファーマーの小平農園 小平さん、私。

農業、農家さんの現状を小平さんから伺いながら、
72歳の小平さんが若かりし頃の時代の食事情にまで話は及びます。
小平さんの、印象に残った話の一つ
「昔は鳥をしめたら(しめるのは誰だって嫌だけれども)、全部食べたよ。骨だってすりつぶして練って団子にして汁に入れて食べたもんだ」

〈一物全体、食材をまるごと頂くこと〉

居合わせたメンバーで、今の時代、そうしたことが出来ていないことに残念な気持ちを持ちました。
そして、こんなお店にしていきたい!という方向性がしっかりとイメージ出来た食事会でした。

さて、また別の日のこと。
この日は仲間内の打ち上げでした。
「仲間内」とは、今年 台風の影響で開催中止となった「ビジンサマ・マルシェ」のPRに協力してくれた方たちです。

写真左から私、la table de CafeZoマダムの高橋かおるさん、陶芸家の高橋由美子さん、
縄文はちみつの今村浩美さん、ゆば工房蓼科びーんずの有浦順子さん、蓼科マリーローズの豊後小夜子さん

9月の本祭が開催できなかったとはいえ
6月、7月、8月と3回にわたりマルシェ形式のPRイベントを都内各地で開催してきたので
まずはお互いをねぎらう会をもちましょうと、集まりました。

ポットラック形式の楽しいパーティ。
酸化防止剤無添加の山葡萄ワインや
精米度88%の濁り酒、など貴重なお酒の他
生のバラ茶、ゆず入り湧水などなどソフトドリンクも充実。
我が家の両親が栽培した馬糞育ちの無農薬野菜のサラダやグリル、
自然栽培のお米で作ったおにぎり(塩むすび、エゴマとチーズ)
鯖の燻製、たらとアサリのスープに、アクアパッツァ
自家製のお刺身湯葉
小豆島のオリーブ
デザートは挽きたてきなこと黒蜜の豆乳寒天、
黒糖とシナモンのサブレ、などなど
大好きな人に食べさせたい!と思うようなお料理の数々が並びました。

皆、朝早くに仕事を控えているにも関わらず深夜まで話がつきず夜が更けていくのが早足に感じられました。
またみんなで集まろうね!
と再会を約束して解散。

振り返ってみると11月も充実度満点の月でした。
さて、今週金曜日にはいよいよ師走ですね。

風邪を引きやすい季節ですので
温かくしてご自愛のほど・・・
そして今週もどこかで週に一度のベジタリアンライフ実践してみてくださいね。

美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の投稿