週に一度のベジタリアンライフについて(再投稿)

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は、このブログの文末のご挨拶
「週に一度のベジタリアンライフ」について
略して「週一ベジ」が、
なぜ多くの方に実践していただきたいライフスタイルなのかについて
書きたいと思います。

「週一ベジ」(=「週一ベジー」引)の取り組みについて、以下「ベジーマンデージャパン」
http://veggiemonday.japanteam.net/index.htm
のホームページより引用(青字部分)させていただきます。(引用部は「週一ベジー」で表記)

21世紀、地球の環境破壊は、とどまるところを知らずに進
行しています。これを防ぐための最も簡単な方法として、週に一日は菜食にしょうという、「週一ベジー」運動が世界各地に広がっています。

2006年、国連は衝撃的レポート「Livestock’s Long Shadow」を発表し、畜産の環境破壊に警鐘を鳴らしました。
これを受けて、2009年、ポール・マッカートニー氏がイギリスで「ミートフリーマンデー(肉なし月曜日)」キャンペーンを開始。 ほぼ同時期に、ドイツやベルギーでも、「ベジタリアン・サーズデー(菜食の木曜日)」を導入する都市が出現。 そして、すでに2003年から「ミートレスマンデー(肉なし月曜日)」を展開していたアメリカのジョンズホプキンズ大学が、これらの動きに合体する形で、「週一ベジー」国際運動に発展していきました。

上記のように「週一ベジー運動」は地球の環境面から取り組みの始まったものですが
対して、このブログでは「週一ベジ」をライフスタイルに取り入れることで健康に役立つという
スタンスで情報発信してきました。

自身の健康管理に役立つ情報ということが、一番各々の関心が高いことと思いますし
また、環境のことを考えて我慢を強いるという、ネガティブな動機づけではなく
美味しくて体にいいことをしていたら環境にも良かった、という「+」の要素のほうが
習慣になりやすいだろうと考えたためです。

さて、野菜が体にいい、ということは多くの方が認識していることと思いますが、野菜だけ(正確には植物性の食材という枠でとらえ穀物や種子類なども含んでいます)のベジタリアンメニューについては否定的な方もいらっしゃるかと思います。
多くの場合は以下の3つが気になるところなのではないでしょうか?

①野菜だけの食事で、栄養が足りるのか?
といった健康面の心配

②美味しいのだろうか??
という食味の不安

そして
③お腹がいっぱいになるの(食事として足りるのか)???
といった生存本能からくるダイレクトな杞憂、といったところでしょうか

今回は、①について
私なりの考察をまとめました。

「野菜だけの食事で、栄養が足りるのか」
という問いについて
バランスのとれた食事を推奨する現代の栄養学ではNOというでしょう。
また、ナチュラルハイジーンなどの考えではYESというでしょう。

私としてはYESであってほしいという願望的な回答となります。

どういうことかと言いますと、

正しい情報かどうかの精査は読者の方々にお任せしますが
私の知りえる限り、食事は、野菜だけ、または肉だけ、または魚だけ、で足りることもあり得る、
逆に、偏らずバランスのとれた食事で、体調を壊すこともあり得る、という事実があるようだからです。

ただし菜食や肉食などの偏食の場合、そこには目に見えぬ部分のバランスが整っていることが条件になると考えています。
つまり微量栄養素のビタミン・ミネラルのバランスです。

それにプラスして、それらを取り入れる人の腸内環境や血液の質の状態も大切だと思います。

また、人種や性別、年齢及び生活環境の違いなどでも変わってくるのではないかと思うのです。

菜食でも、肉食でも、大切なのはビタミン・ミネラルを奪う食事をしないことではないかと考えています。

ビタミン・ミネラルを奪う食事をしないために、具体的に気をつけたいことを挙げると

①白砂糖や化学調味料、人工甘味料を避ける
②加工食品(悪い油脂や上記の物が含まれている物が多い)を避ける
③スナック菓子やコンビニ食を避ける、
④アルコールやカフェインなど刺激物を含む嗜好品を避ける
⑤ジャンクフードを避ける
⑥主食は完全に精製された米、小麦製品、その他穀物を避ける
(具体的には白いパンや、パスタ、うどん、ラーメン、そのほか多数)
⑦清涼飲料水や濃縮還元ジュースを避ける
などなど

思いつくだけでもこれだけあり、挙げればきりがないのでこの辺で。
こういった「○○をしない」「○○を食べない」逆に
「○○を摂ると良い」「○○をすると良い」という情報は巷に多く流れていますが、
健康を考える時に一番大切なのは
ステレオタイプの情報を鵜呑みにして、すぐに取り入れるのではなく
様々な情報を収集し自分なりに調べて考えること、
また、自分の体質や体調と照らし合わせて、
自分自身の体をよく観察することではないかと思うのです。

生活習慣病とはその名前の通り
体質に合わない食生活や運動不足と言った日常が続くことで発症します。

別の見方をすれば、食事は一朝一夕ですぐに体調が変わるというような劇的な効果はない反面
副作用なく続けられる、安全でおいしい薬です。

昔、中国の医者の階位は治療を施す医者よりも食事を指導する食医の方が上だったそうです。

医食同源、という言葉もありますね。

生活習慣病を発症して、一生病院と薬のお世話になる、
または手術と辛い治療を受けるなどは
心身だけでなく経済的にも負担をかけることとなります。

それよりも日々の食事の質を高くして
無農薬の野菜を購入したり、無添加の調味料で料理をしたりと、最初は出費が気になるかもしれませんが
長い目で見ると、治療代がかからなくなったり
外食の頻度が減っていったりと、逆にお財布にも優しいことに気付かれることでしょう。

私からの「週に一度のベジタリアンライフ」の提案は
実践者一人一人が、それぞれの健康的な食事を模索するきっかけとなり
そして継続することで快適なからだづくりをサポートできれば、という思いで続けています。

さて次回は②の回答
「ベジタリアンメニューは美味しいのか」について、
美味しい情報満載でお伝えしていきたいと思いますヽ(^o^)丿

連載中のレシピコラムではオールベジのお料理やスイーツを沢山ご紹介しています。↓
http://crea.bunshun.jp/articles/-/14806
↑現在は冬野菜の常備菜特集です!

こちらもどうぞ。
インスタグラムで日々の朝ごはんを情報発信しています。
https://www.instagram.com/tateshinacafeoak

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適なからだ作りのために~

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の投稿