鴨池川エナジーパークに行ってきました!

こんばんは。
地産地消料理研究家の中村恭子です。

先日、諏訪湖からほど近い鴨池川エナジーパークへ出かけてきました。
鴨池川エナジーパークでは自然エネルギーによるエネルギーや衣食住などの自給自足を推進したいという思いで集まった有志の方々がさまざまな活動しています。
この日は、ちょうど夏休みに入っていたということもあり、
「大人も子供も 夏休みの工作しよう」というイベントが開催されており、顔見知りの方々があちらこちらに・・・

さて会場に入るやいなや小さな竈がいくつも並んでいました。
なにやらお湯を沸かしている様子。
IMG_7116
蓋を開けてもらうとそこには耐熱用ビニール袋にお米とお水が入っていました。IMG_7113

竈を担当する方のお話によると、こうして袋に入れたお米とお水を竈の湯に入れ蓋をすることで炊飯ができるのだということ。
理論を聞くと納得!ですが、目の当たりにして改めてこんなにも簡単に調理ができるのであれば、ライフラインと言われている電気、ガス、水道の利用を今一度見直し、エネルギーの節約または代替エネルギーの活用ができるのではないか、そんな風に感じました。

また自然エネルギーと親しむ、知るということは、災害に強い知識を培うことにもつながりそうですね。

パークの奥へと進んでいくと、お店のようにディスプレイされた車のような、はたまた小屋のようなものが。
こちらは車で牽引できる小屋とのことで、こうした物販用店舗としてだけでなく、基準を満たす内装にすることで飲食店営業も可能だとのこと。
IMG_7118

何だか色々な使い道ができそうです!

さてこの日の目的は「ビジンサマ・マルシェ2017」出店者のお一人であるサイカイ産業の長崎さんにお会いすること。
サイカイ産業さんはペレットストーブを販売する会社です。
※ペレットストーブとは木質ペレットを燃料とするストーブのことで、ペレットは間伐材を利用して作られている環境に優しい燃料です。

そのサイカイ産業の長崎さんが、ビジンサマ・マルシェに向けて露天商の許可を取得して
ペレットによるピザ窯でピザを焼いてくださる予定とのこと!
しかも!信州産地粉の手作り生地に、自家製トマトソース、富士見チーズ工房さんのチーズを使うというこだわりようなのです!!
IMG_7119
写真はペレットのピザ窯の前での写真撮影。左が長崎さん。

9月17日のビジンサマ・マルシェ@蓼科湖畔 芸術の森彫刻公園
美味しいものが続々集まってきています!どうぞご期待ください!!

そして・・・
今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

蓼科中央高原ファーマーズマーケットのお知らせ

いよいよ夏休みがスタートしましたね。

夏は、高原野菜のシーズン!
トマトやキュウリ、なす、レタス類、ズッキーニ、かぼちゃなどの野菜のほか
ブルーベリー、スイカやメロンなどフルーツも採れます。

↓写真は我が家の裏口にある小さな果樹園のぶどう棚。
IMG_7036
品種はナイヤガラ。
Cafe楢Oakでお出ししているストレートの白ぶどうジュースに使われている品種でワインにもなるものです。
残念ながらジュースやワインにできるほどは採れないでしょうが、今年初のブドウ栽培、収穫が今からとても楽しみです。

こちらはこの夏からスタートした蓼科中央高原ファーマーズマーケットの様子。
IMG_6949

IMG_6950

IMG_6951

場所は国道299号線沿い 蓼科ビレッジ入口近くにある「遊楽庵」というお蕎麦屋さんの敷地です。
9月までの毎週土日 朝9時から11時位まで(なくなり次第終了)

http://www.yokoyaonsen.com/yurakuan.html

ところで知っていましたか?
無農薬野菜や有機栽培野菜を作っていても
栽培地(特に広さ)や栽培年数などの基準に満たないものは、そうした表記してはいけないという決まりがあります。

つまり、小さい畑で、自家栽培用に無農薬野菜を作っている方が
余ったものを「無農薬野菜」として売ることは実質できません。

商品として取引される農産物は、規定の肥料や薬を用いて見た目やサイズなど同一のものが優先されるため店頭にはそうしたものが並ぶのです。

でも、蓼科中央高原ファーマーズマーケットに並ぶ野菜は違います!
「安心・安全」なものを家族に食べてもらいたいと、小さな畑で無農薬で作った野菜たち
そんな愛情たっぷりの野菜、自分たちで消費しきれないものを、出荷はできない、ならば自分たちで売る場所を作ってしまおう!とはじまった直売所です。

作り手は、蓼科が好きで他県から移住してきた方や地元の方、二地域居住の方など色々です。
思いは一つ。
自分たちが食べたいと思う安心・安全なおいしい野菜をお届けしたい!

「無農薬」という表示はできなくても、そうした思いが伝わればいいなと思っています。
まずは蓼科中央高原ファーマーズマーケットに足を運んでみてくださいね。

生産者の方々から直に購入することで生まれる信頼関係も野菜を更に美味しくしてくれるはず。

そしてお買い物の後にはぜひ蓼科乗馬ファームで乗馬をお楽しみください。

たっぷり汗をかいてのどが渇いたら当カフェへ

そうそう、今年は近くの東急リゾートサービスさまでアスレチックやグランピングが楽しめる場所ができました!
その名も「もりぐらし」

https://www.morigurashi.com/

IMG_7018

IMG_7024

アスレチックを私も体験しましたが、樹上をワイヤー伝いに歩くコース、スリリングでとても楽しかったです。
また高いところからの景色はとにかく気持ちがいい!
4コースをフルに体験すると2〜3時間はかかりますが、1コースからの体験もできるそうです。
お時間や体力に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか^^

それでは今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

2017食育vol2@北山小学校

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先週の金曜日に地元小学校での料理クラブの授業を行ってきました。
今年度2回目の今回は
米粉の蒸しケーキに豆腐クリームと豆乳カスタードを使ったスイーツ作り。
イギリスの伝統的なおやつ「トライフル」を真似て作ってみました。
IMG_6930
今が旬のブルーベリーやラズベリー、桃、
みんな大好きなバナナを使いフルーツがたっぷり。
IMG_6935

IMG_6936

IMG_6940

こうした組み立てのある作業は子どもたち、大好きなようで大騒ぎ。
いつもどおり楽しい授業ではありましたが、
今回は私にとって大きな課題が与えられきっかけとなりました。

今年で三年目となる食育の授業、
今年度は「蒸しパン」づくりをテーマとしているのですが、
今まで通り
①地元の旬の食材を取り入れること
②植物性だけの食材で作ること
③白砂糖を使用せず、体に優しい甘味料を使ったスイーツ作りをすること
も特色としています。

1年目のときは張り切って生徒さんたちに上記の内容をいちいち説明したりしていたのですが、
3年目ともなると私の方も肩肘張らないスタンスで臨めるようになりました。
とはいえ、
「これは、この辺で採れたものだよ」
とか
「卵の代わりに長芋を使います。」
とか
「味付けにはお砂糖ではなくて甘酒を使います」
というようなことを繰り返し伝えていると
子どもたちもなんとなく、この授業では地元の食材を使っていて、卵とか乳製品とか白いお砂糖は使わないのだな、と思ってきているようです。

もともと和菓子には卵や乳製品が使われていない物が多いのですが、
洋菓子となると殆どの場合卵や乳製品、精製糖が使われているため
植物性食材だけ、そして完全に精製されきっていない甘味料を使って仕上げることは非常に難しく
毎回試行錯誤を繰り返しています。

そういったニーズがあると信じていた私は、出来る限りそれらに近づけようと努力をしてきました。

今回、洋菓子風に見立てたお菓子を作ってみて
今更ながら、そのことに疑問を持つようになりました。

あるもので、できるものを作る。
我が国ならでは(この土地ならでは)のものを作ることこそこの授業で伝えるべきなのではないか。
そんな考えが頭をよぎりました。

本来使うべき食材を使わずに仕上げる「もどき料理」も楽しいけれど、私が子どもたちに伝えていきたいことは「真似る」ことではないなと感じたのです。

そんなわけで、次回以降のメニュー構成は若干変更をしようかと考えています。

さて、後三回の蒸しパン講座、どんなものになりますことやら^^

それでは今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

シンポジウム登壇のお知らせ

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

今朝は、
7月25日に諏訪東京理科大学で開催されるシンポジウムのお知らせです。

先進農業エネルギー理工学研究部門 
農理工学際連携コース 合同シンポジウム
(諏訪東京理科大学/東京理科大学)
「農☓食☓健康で豊かな暮らしを目指すこれからのスマート農業」
日時:7月25日(火)
10時40分から17時
会場:諏訪東京理科大学621教室
参加料:無料

プログラム:
〈第一部〉
10:40〜10:45
開催挨拶 先進農業エネルギー理工学研究部門長 渡邉康之
10:45〜11:05
「縄文文化から考える食と農、ビジンサマ・マルシェの取り組み」 地産地消料理研究家 中村恭子
11:05〜11:25
「工場野菜の可能性〜八ヶ岳の美味しい水と空気で作る工場野菜〜」
株式会社諏訪菜 取締役 百瀬真希
11:25〜12:10
「植物の生き様を知り、植物の力を生かす〜食料・環境・エネルギー問題への挑戦〜」
東京理科大学 農理工学際連携コースコース長 朽津和幸
〈第二部〉
14:40〜15:10
「農作物におけるオートファジー・活性酸素の重要性と次世代農業への活用」
東京理科大学研究推進機構 総合研究院プロジェクト研究員 来須孝光
15:10〜16:10
「植物におけるゲノム編集技術とスマートアグリに向けて」
大阪大学大学院工学研究科 教授 村中俊哉
16:20〜16:55
フリータイム(見学会、情報交換会)
16:55〜17:00
閉会挨拶
東京理科大学 農理工学際連携コースコース長 朽津和幸

19732236_1339679869486917_686891672116291833_n

私は第一部の開会の挨拶後すぐの登壇となります。
お話させて頂くテーマは
「縄文文化から考える食と農、ビジンサマ・マルシェの取り組み」について。
縄文時代の豊かで平和な社会を振り返り、特に食にクローズアップして考え、そこから現代の農業をまちづくりや観光面で活用するという視点でお話をさせて頂く予定です。
ご興味ある方は是非シンポジウムへご参加ください。

ところで、
夏野菜が出回っていますね。
美味しく食べるレシピは連載中のこちらをご覧ください。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/13362

現在ピーマンのレシピが週間ランキング2位となっています。
これもいつも皆さまが応援してくださるおかげです。
ありがとうございます。
引き続き簡単で美味しくて体に優しいレシピをお届けできるようがんばりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

そして今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

おはようございます。

今朝はCafe楢Oakの近況をお知らせいたします。

まずはカフェの裏手にある、森の中では
IMG_6792
朝夕、とても美しい鳥のさえずりが響き渡ります。
なんていう鳥なのか、移住して6年たっても未だにわからないのですが
なんとも幻想的でうっとりとしてしまう声なのです。
この鳥の鳴いている時間は他に音楽などかけずに
ずっと森の奏でる音楽を聞いていたいと思ってしまいます。

続いて裏口の斜面を利用した小さな小さな果樹園の様子。
IMG_6782
ラズベリーが食べごろとなりました。
こちらはこれからジャムとなる予定です。

カリンの実はもう少し。
IMG_6784
喉に良いと言われる果実ですが、我が家では食用はほとんどせず
実らせたまま、天然の芳香剤として楽しんでいます。

苺は去年ほど豊作ではありませんが美味しく出来てきています。
IMG_0248

ぶどう棚は青々としていますが、実はまだまだ先の様子。
IMG_6779

IMG_6788
看板娘のマロンは今の時期、日中は外で過ごします。
果樹園を見下ろす物干し台で、何を思っているのかな?

対して、看板猫の雷ちゃんは家の中。
IMG_2539
実は失踪事件からしばらくして、どうも元気がないと病院に連れて行った所
腎臓を患っていたことが判明したのです。
年明けから食欲が落ちて痩せてきたな、とは思っていたのですが
徐々に寝ている時間が多くなり、
攻撃的な性格も影を潜めて、家族でどうもおかしい、と思っていた矢先でした。

幸いにも、動物病院で出してくれたお薬と腎臓食が効いてくれて今ではすっかり元気に(攻撃性復活)なりました。

が、どうやら外で毒性のあるものを食べているのではないかと行動が疑われ
しばらくは不本意そうではありますが家の中で過ごすことを余儀なくされています。
IMG_0131
最後に・・・
乗馬ファームの馬たちは変わりなく、夏休みの繁忙期に備えて今は少しゆったりと過ごしています。
IMG_6789IMG_6791

Cafe楢Oakでは今日ものどかな一日が始まります。

皆さまもどうぞ良い一日を!

そして今週も
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

いよいよ本日「ビジンサマ・マルシェ」@霞が関ビルディング

おはようございます。

地産地消料理研究家の中村恭子です。

先日、山梨県北杜市にある「父ちゃんの野菜」という農産物直売所へと出かけてきました。

IMG_6602

IMG_6597

IMG_6598
販売される商品は栽培期間中「無農薬」「無化学肥料」だと表示が。

IMG_6600
こんな風にキャベツも虫食いの跡があったり・・・
なんか、いいですよね^^

さて、北杜市まで行かなくとも東京の方に朗報です!!
本日、東京の霞が関ビルディングで
11時半より19時まで「ビジンサマ・マルシェ」が開催されます。
詳しくは霞が関ビルディングホームページにて。

http://www.kasumigaseki36.com/event/index.html

ここでも無農薬で育てられたレタスなどの農産物の他、
こだわりの原料を使って作られた美味しいものたちが並びますよ!
一日限りのイベントですが、
このあと7月9日は会場を品川に変えて
ゲートシティ大崎にて10時半から17時まで開催します。

そして本祭は9月17日(日)蓼科湖畔にて
10時から15時に開催します!!

ところで、「ビジンサマ・マルシェ」も北杜市の「父ちゃんの野菜」のように常設店舗を構えることができると多くの方に喜んでもらえるのではないか、などと思いつつ構想中・・・
ですが、まずは多くの方に楽しんでもらえるイベントを開催したいと関係者一同奮闘中です。

本日、そして7月9日の「ビジンサマ・マルシェ」では東京で、素敵な商品の数々との出会いそしてお買い物をお楽しみいただけます。
また9月17日は足をのばして蓼科へとお越しください。
美味しく食べて、楽しく遊んで、そしてゆっくり休む、そんな休日をお届けいたします!
どうぞお楽しみに!!

それでは、今週もどこかで
週に一度はベジタリアンライフを!
美味しく、楽しく、快適な体づくりのために〜

「ビジンサマ・マルシェ@霞が関ビルディング」のお知らせ

昨年秋に蓼科湖畔で開催された「ビジンサマ・マルシェ」が
今年も9月17日(日)に開催することが決まりました!

それに先駆けて都内で告知イベントを開催します。
本日はその第一弾目のお知らせです!

〈ビジンサマ・マルシェ@霞が関ビルディング〉
日時:
6月28日(水)
11時30分から19時まで

場所:
霞が関ビルディング
千代田区霞が関3−2−5
2階ロビー及び霞テラスにおいて

内容:
ビジンサマ・マルシェに出店予定の一部の出店者による小規模マルシェ
「諏訪菜」無農薬水耕栽培レタスと食用ほおずきのグリーンスムージー
「ゆば工房蓼科びーんず」こだわりの豆腐屋のおからドーナツ
「la table de cafeZO」発酵マイスターが作る焼き菓子
「ギャラリーyt」陶芸家高橋由美子さんの器と花器
「縄文はちみつ」蓼科産非加熱の蜂蜜
「蓼科マリーローズ」蓼科産オーガニックローズの無添加化粧品
「UPSOUP」寒天としめじのレトルト野菜カレー
「ポニーハウス」蓼科高原産レタスで作ったサラダブーケ

以上を予定しています。

19146117_1092720757525294_912369778286804778_n19148886_1092720754191961_1612054049921397544_n19224965_1092720764191960_2202603643263303324_n

蓼科から、こだわりの美味しいものや素敵な商品をお届けします!
地方物産展とは一味違う「ビジンサマ・マルシェ」。
どうぞご期待ください!

それでは
多くの方々と会場にてお会い出来ますことを楽しみにしています!

2017食育vol1@北山小学校

こんにちは。

まずはご報告から。
お騒がせをした雷ちゃんですが、無事に帰ってきました。
先週のブログをアップしたその日の夜に、雨脚が強くなってきた頃
割りときれいな姿で、3日ぶりの帰宅という様子もなく普通に帰ってきたのです。

雨に濡れないルートで家まで帰ってきたようです。
そして特に痩せた様子もなく、とても元気にしています。
ご心配をおかけした皆さまには心よりお礼を申し上げるとともに
お騒がせしましたことお詫び申し上げます。

・・・
さてここから地産地消料理研究家としてのお仕事のご報告です。
今年も地元の北山小学校料理クラブの講師の依頼を受け、
先週の金曜日、今年度初の授業を行ってきました。

今年は地元の旬の食材を取り入れた蒸しパンを、具材や形などバリエーションを変えて作ろうとプログラムを組んでいます。

第1回目は、基本の蒸しパンの生地に、北山のスエ子お母さんが作った荏胡麻を使わせて頂きました。

蒸し器の蓋を開けて、ふっくら蒸しあがった蒸しパンを見た子どもたちの
「わー!美味しそう!!」という嬉しそうな声と笑顔が忘れられません。
IMG_6486

出来立て熱々を試食で食べた男子生徒が
「すげー、美味しい!これ作れるなんて天才!」とつぶやいた言葉に思わず私も笑顔に

子どもたち、聞けばホットケーキミックスと野菜ジュースを使った蒸しパンづくりは以前にも作ったことがあるとのことでしたが
小麦粉とベーキングパウダーや塩など、粉類をあわせるところから作るのは初めてとのことでした。

信州の美味しい地粉にメープルシロップで甘みをつけて、天然バニラの優しい香りの蒸しパン作りの時間は終始幸せモードでした。

とはいえ、
やんちゃな男の子たちも多い今回のクラブメンバー。
指導する立場としては「こらー!」とか「早く、早く!!」とか「遊ばないっ!!!」とか声を荒げる場面も多々ありましたが・・・ 笑。

さて、今回もお持ち帰りように多めに作ってお土産に。
大切そうに蒸しパンを持って帰る子どもたちを見送りながら私も帰路へ。

子どもたちから素敵な時間をもらえたことに感謝しつつ・・・

3年目となる今年は、1年目の授業のように
「白砂糖を使わず植物性の食材だけで作る!」ということを強調することもなくなり、
ただただ子どもたちに美味しい記憶が残ればいいなと思って取り組めるようになったこと、私の中の大きな変化であり、成長でもあるように思えます。
教える立場にいながら、子どもたちから教わっているのだなぁと毎回感じています。そしてきっとこれからも感じることでしょう。

情報を押し付けるのではなく、思い出の味が「白いお砂糖を使わずに植物性だけで作ったおやつ」になったらいいな〜。
そんなふうに感じた授業でした。

さて、ブログでは毎週お伝えしていますが、

今週もどこかで週に一度はベジタリアンライフ、実践してみてくださいね。
美味しく、楽しく、快適な体作りのために〜

雷ちゃんを探しています。

本日は当店近隣の方へ情報提供のお願いです。

Cafe楢Oakの看板猫雷ちゃんが姿を消して3日たちます。

日曜日のお昼に家を出てから帰ってこないため、そろそろ心配になってきました。

近くで白と黒の模様の猫を見かけましたらお知らせください。
首輪はしていません。
img_2557

IMG_2032

IMG_1159

野生児なので今の季節は食べるものには困らず、寒い思いもすることはないのでしょうが
事故にあった可能性も否定できず心配しています。

些細なことでも構いません。

カフェオークの電話(0266-77-3778)か、ホームページコンタクトのページよりメッセージでお知らせ頂ければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

蓼科高原映画祭のお知らせ

本日は蓼科高原映画祭のお知らせです。

今年20周年を迎える「蓼科高原映画祭」

小津安二郎監督ゆかりの地である蓼科で、小津監督への敬意と作品の文化継承を後世へと残していこうと始まった「蓼科高原映画祭」は今年20歳を迎えます。

20周年を記念して今年は9月16日から9日間毎日小津監督作品や、小津監督に影響を受けた監督の作品が上映されます。

また小津監督作品にご出演された女優さんや俳優さんが舞台挨拶に来場される日もあり目が離せませんよ。

先日の長野日報新聞にも大きく取り上げられました!

http://www.nagano-np.co.jp/articles/17009

18451775_1290460087742132_4485533559403796625_o

「蓼科高原映画祭」の期間中9月17日には蓼科湖畔の彫刻公園で
蓼科山の「休む」神様「ビジンサマ」にちなんで「やすむ」ことをテーマとした体に優しい食のイベント
「ビジンサマ・マルシェ2017」が開催されます。

秋の蓼科では楽しいイベントが目白押しです!

どうぞお越しくださいませ^^

そして、週に一度のベジタリアンライフも!
美味しく、楽しく、快適な体作りのために〜